レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操の「へぇ~!」な雑学

第30話 アメリカ合衆国のメキシコ大使の名をもらったポインセチア

368zatsugaku ポインセチア     ユーフォルビア(柱サボテン型)

年末になると必ず園芸店の店先を賑わすポインセチア、花にあまり興味のない人でも、この花を知らない人はまずいないよね。赤と緑のまさにクリスマスカラー、今ではクリスマスの飾り付けには欠かせない鉢物になったね。
ポインセチアの原産地はメキシコを中心とした中央アメリカで、この花を草花だと思ってる人が多いようだけど、現地では数メートルの高さまで成長する立派な樹木なんだよ。因みに冬暖かい沖縄や八丈島では、庭植えにして3メートルくらいにまで生長しているぜ。 続きを読む…

第29話 カエデとモミジ

365zatsugaku
長かった今年の夏もようやく衰え、急速に秋に気配に包まれるようになってきたね。そろそろ、紅葉狩りの計画をたてている人もいるんだろうね。
さてそこで、今回は紅葉といえば代表的なカエデとモミジについてのお話を一席。ハウチワカエデ、イタヤカエデ、トウカエデ、等々、イロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジ等々、○○カエデと名のつく物と○○モミジと名のつく物があるんだけど、お互いがよく似通っているよね。じゃあ、カエデとモミジはどこで見分けるの? どこが違うの? っていうみんなの疑問は、古くて新しい問題なんだな。 続きを読む…

第28話 柿渋の不思議

358zatsugaku
これは美味そうだと思い、かぶりついた途端、口中にへばり付くような渋みに顔がゆがんでしまう。こんな経験のある人は、それ相応にお年を召した方くらいだろうか? というのも、悲しいかな最近の若い人は柿そのものを食べなくなっているようだね。
さて、柿には甘柿と渋柿があることは、このコラムを楽しみにしてくれるみんななら当たり前のことだよね。しかも、渋柿の持つ渋みという物は、タンニンという化学物質だってことも知っているよね。じゃあ、渋柿を食べるときに、みんながやっている渋抜きとは、渋みの張本人であるタンニンをどうすることか知っている人はいるかな?ここまでくると、知っている人は急に少なくなってくるよね。じゃあ、説明してみようか。 続きを読む…