レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操の「へぇ~!」な雑学

第33話 原種シクラメン(シクラメン・ヘデリフォリウム)

「ムッシュ・フルーリの花探検 in フラワーセンター」
吾輩、ムッシュ・フルーリは、実は、 何を隠そう兵庫県立フラワーセンターという植物園の園長なんだ! 今回からは、我がフラワーセンターが誇る4,500種類にも及ぶ膨大な植物コレクションの中から、 その季節ごとに咲くとっておきの一品を紹介していくぞ!  栽培が難しくて国内では滅多に見ることのできない花、 形が奇妙で花らしくない花、普段何気なく目にしているけど、実はこんな変わった性質がある花、 そして世界中でフラワーセンターでしか見ることのできない植物などなど、次々と興味深い花たちを紹介していくから、楽しみにな!

【参加募集中】ムッシュ・フルーリと秋の花探検!
加西市にある兵庫県立フラワーセンターでは、ムッシュ・フルーリ園長の植物セミナーが毎月開催されています。思わず「へぇ~!」と言ってしまう、とっておきの話題がいっぱい。大人気のセミナーです。
フラワーセンターのお花とムッシュフルーリに会いに行きませんか。

『ムッシュ・フルーリの「へぇ~!」な雑学』開催日程
➀10/16(土)②11/20(土)③12/18(土)
(各13:30~15:00 ご参加には予約が必要です。)
*予定は変更になる場合がございます。
●予約・お問い合わせは
TEL:0790-47-1182(兵庫県立フラワーセンター)

第33話 原種シクラメン(シクラメン・ヘデリフォリウム)

シクラメンと言えば、知らない人がいないくらい、年末には欠かせない鉢花だよね。じゃあ、シクラメンの故郷はどこか知っているかい? これが意外と知られていないんだよな。
そもそも、シクラメンと言う植物は、野生種(原種)が24種ほどあって、そのすべてが、地中海沿岸地域(ヨーロッパ側とアフリカ側)~小アジア~中東~黒海沿岸に加え、一部がアルプスの北側の北東ヨーロッパの山地に分布してるんだ。 その野生種のうち最も見栄えのする1種、すなわちシクラメン・ペルシクム(Cyclamen persicum)だけを使って品種改良したのが、年末に出回る鉢物のシクラメンなんだ。
このペルシクムっていう野生種は、エーゲ海のクレタ島やロードス島~トルコ沿岸部~シリア、レバノン、イスラエルなどの中東地域に加え、アフリカ北東部のリビア、アルジェリアなどに分布しているんだけど、これらの地域は、地中海地域の中でも冬が非常に暖いところなので、ヨーロッパで品種改良する際に温室植物として育成されたことから、今でも室内または温室植物として扱われているんだな。                        シクラメン・ペルシクム(野生種の鉢植え)▶

◀シクラメン・ヘデリフォリウム(鉢植え)

ところで、今回紹介するのはタイトル通り「原種シクラメン」なので、鉢物のシクラメンとは、全く違うものって思った方がいいかもね。さっきも言ったけど、シクラメンには24種もの野生種があるので、その中には、暑さや寒さに強く、全く気象条件が違う日本でも庭植えできるものがいくつかあるんだ。そのうちでもっとも栽培しやすく、植えっぱなしでも、こぼれ種でどんどん増えていく種類を紹介するぞ。もちろんフラワーセンターの園内にも地植えしているから、是非見に来てほしいな。

一番栽培しやすい種類は、シクラメン・ヘデリフォリウム(C. hederifolium)っていう種類なんだ。この種は、フランス東部~イタリア・ギリシャ・トルコまでの地中海沿岸部に広く分布していて、夏場の休眠中には木陰になるようなところに自生しているんだ。自生地の気候は、地中海性気候だから、夏は高温で乾燥して、冬は温暖で湿潤と言う気象条件なんだけど、正反対のような気象条件の日本でも結構育ってくれるんだ。寒さにはめっぽう強くて、-15℃でもビクともしないんだぞ。

シクラメン・ヘデリフォリウム(地植え)▶

このシクラメンの生活パターンは、夏の間、地中で休眠していた球根が、早ければ8月下旬頃から動き始め、秋の彼岸頃には花が咲き始めるんだ。球根からは、先ず花だけが上がってきて、少し遅れて葉が出てくるので、10月の満開時には、地面から小さな可愛らしい花だけがたくさん出ているような状態なんだ。どうだい、なかなか奇麗なもんだろう? 秋口に球根を地植えして、その後は植えっぱなし状態で毎年咲いてくれるし、花の後には果実ができて、翌年6月頃にはそれが熟して、中にある種がアリに運ばれて、あちらこちらから実生苗が生えてくるようになるとしめたもんだね!

庭植えで重要なのは、水はけがよい土であることと、夏場に日陰になるような落葉樹の下など、地面に直射日光が当たらないことなんだ。もちろん落葉などでマルチをすれば最高だね。でも、冬から春にかけてはよく日が当たる方がいいんだぞ。その点に注意して、庭をシクラメンの園にしよう!!

 

◀シクラメン・ヘデリフォリウム(地植え)

 

 

 

 

 

 

 

「原種シクラメン(シクラメン・ヘデリフォリウム)」を見に行こう!
兵庫県立フラワーセンターHPはこちら>

ムッシュ・フルーリは白井にとって緑の知恵袋のような存在。バックナンバー「ムッシュ・フルーリ緑の扉」にも植物の知りたいコトが満載です。

第32話 アンゲロニア

【参加募集中】ムッシュ・フルーリと秋の花探検!
加西市にある兵庫県立フラワーセンターでは、ムッシュ・フルーリ園長の植物セミナーが毎月開催されています。思わず「へぇ~!」と言ってしまう、とっておきの話題がいっぱい。大人気のセミナーです。
フラワーセンターのお花とムッシュフルーリに会いに行きませんか。

『ムッシュ・フルーリの「へぇ~!」な雑学』開催日程
➀9/18(土)②10/16(土)③11/20(土
(各13:30~15:00 ご参加には予約が必要です。)
*予定は変更になる場合がございます。
●予約・お問い合わせは
TEL:0790-47-1182(兵庫県立フラワーセンター)

第32話 アンゲロニア

今年の8月はお盆前から戻り梅雨のような天候が続き、全国各地で大雨と土砂災害の被害が多発しました。被害にあわれた方には心からお見舞い申し上げます。
フラワーセンターでも2週間以上降雨が続いたため、花壇に植栽されているニチニチソウやジニアなどの夏の花は、日照不足による軟弱徒長化と雨続きによる湿害に加え、さらに病気が多発して見るも無残な状況になっているんだ。そのような中でも、アンゲロニアだけは、あまり影響もなく元気に咲き続けてるんだぞ。
兵庫県立フラワーセンターの中央花壇▶
(2021.8現在)

 

さて、みんなもアンゲロニアっていう花はもう知っているよね。アンゲロニアはここ10年くらいで急速に夏の花としての地位を確立してきたよね。その理由は、見た目の爽やかさに加え、暑さに強く長期間咲き続けるってことだね。特に夏の花は、いかにも夏って感じのサマーカラーが多いんだけど、アンゲロニアは、ブルー、ピンク、ホワイトを基調としたパステルカラーを備え、夏の花にしては爽やかな花色を持っているんだね。そのうえ、シャキッと直立した穂状の花茎にたくさんの小さな花が長期間にわたり咲き続けるんだ。花を咲かせているときの姿が、夏の花よいうよりも春の花の感じがするので、好まれているのかもしれないね。日本のくそ暑い夏に、一吹きの涼風を感じさせてくれるような景色を作ってくれるんだ。

アンゲロニアの原産地は中央~南アメリカの熱帯~亜熱帯地域で、現地では多年草なんだけど、寒さに弱いので日本のような温帯地域では、一年草として扱われているんだ。夏の暑さと強い陽射しにはよく耐えてくれるんだけど、意外と半日陰でも結構育って、花を咲かせてくれるんだよ。だから、今回のような長雨による日照不足でも花を咲かせ続けてくれているんだよ。

最近では、草丈が低くてブッシュ状に茂るタイプやスラっと背が伸びるタイプ、さらに花が大きくて目立つ品種など、様々な品種が育成されていて、花壇はもちろんのこと寄せ植えや単鉢植えなど、色々な利用方法があるので、今まで作ったことがない人は、是非来年の夏には栽培してみてごらん!!

フラワーセンターでは、南ゲートを入って真正面の中央花壇に植栽されているので、見たことがない人は是非見に来てほしいな。

◀兵庫県立フラワーセンターの中央花壇
(2021.8現在)

 

 

 

 

 

「アンゲロニア」を見に行こう!
兵庫県立フラワーセンターHPはこちら>

ムッシュ・フルーリは白井にとって緑の知恵袋のような存在。バックナンバー「ムッシュ・フルーリ緑の扉」にも植物の知りたいコトが満載です。

第31話 タビビトノキ

【参加募集中】ムッシュ・フルーリと夏の花探検!
加西市にある兵庫県立フラワーセンターでは、ムッシュ・フルーリ園長の植物セミナーが毎月開催されています。思わず「へぇ~!」と言ってしまう、とっておきの話題がいっぱい。大人気のセミナーです。
フラワーセンターのお花とムッシュフルーリに会いに行きませんか。

『ムッシュ・フルーリの「へぇ~!」な雑学』開催日程
➀8/21(土)②9/18(土)③10/16(土)
(各13:30~15:00 ご参加には予約が必要です。)
*予定は変更になる場合がございます。
●予約・お問い合わせは
TEL:0790-47-1182(兵庫県立フラワーセンター)

第31話 タビビトノキ

フラワーセンターの大温室に入り、熱帯植物室に一歩足を踏み入れると、真正面に見える巨大な植物。1枚が数メートルはあろうかという大きな葉、その葉が左右に扇状に広がって、天井にも届いている。この植物こそがマダガスカル原産のタビビトノキと称される植物なんだ。英語では“Traveller’s Palm(旅人のヤシ)”と呼ばれてるんだけど、ヤシの仲間じゃなくて、あの如何にもトロピカルな花を咲かすゴクラクチョウカの仲間なんだぞ。また、巨大な櫂状の葉が長い葉柄の先に扇状に平面に並ぶことから、オオギバショウ(扇芭蕉)と呼ばれることもあるんだ。
タビビトノキの樹姿▶

さて、別名のオオギバショウの由来は分かったと思うけど、じゃあ、本名のタビビトノキの由来は何?っていう声が聞こえてきたぞ。タビビトノキっていう名はもちろん英語の和訳なんだけど、じゃあ、どうして英語で“Traveller’s Palm”って呼ばれるようになったのかってことだけど、これがなかなか確かな定説がなくってねぇ。とはいえ、一つには、長い葉柄の付け根の重なる部分に雨水が溜まるため、乾燥地帯の旅行者の飲料水の供給源として利用されたからという説。もう一つは、扇状に広がる葉が東西方向へ広がることから、旅人に対してコンパスの役割を果たすからという説。この2説がまことしやかに言われているんだけど、一つ目の説は。溜まっている水には、埃や虫などがたくさん入っていて、衛生的にも勧められたもんじゃないということ、二つ目の説は、全ての個体が正確に東西を向いているわけではないってことで、あんまり信用できないんだな。

ともあれ、非常に背が高くなり、樹姿も美しいうえに、丈夫で育てやすいことから、世界中の熱帯及び亜熱帯地域で広く栽培され、街路樹にも使われてるんだ。日本でも、奄美や沖縄では植栽されているぞ。さすがに、フラワーセンターのある兵庫県加西市では、冬が寒すぎて屋外では枯れてしまうので、大温室内に植栽されているんだ。
実は、この奇麗な扇状の樹姿は、マダガスカル航空のロゴマークにも使われていて、マダガスカルを代表する植物になっているんだ。
◀タビビトノキを図案化した
マダガスカル航空のロゴマーク

フラワーセンターには開園当初から大温室に植えられていて、もう何度も天井にまでつっかえてしまい、そのたびにその幹は切り倒されているんだけども、その株元から次々と新しい株が出てきて、常に数本の幹が立っているんだ。

フラワーセンターでも、花はめったに咲かないんだけれど、昨年久し振りに咲いたので、種ができるのを楽しみしていたんだ。花の形は、ゴクラクチョウカとそっくりで、あのトロピカルなオレンジ色の花弁が白いっていうくらいの違いかな。でも樹上の上の方で咲くので、ほとんど目立たないけどね。
タビビトノキの花(白いものが花弁)▶

タビビトノキのその驚くべき特徴は、花の後にできる種子にあるんだ。果実が熟して乾燥して実が開くと、中から植物の種子とは思えないほど鮮明なコバルトブルーの種子が顔を覗かせるんだ。
地球上には25万種類もの種子植物があるけど、これだけ鮮やかな色をした種子はなかなかお目にかかれないぞ。大温室にあるタビビトノキの前には実物が展示してあるから、是非、コバルトブルーに輝く種子を見てほしいもんだな。

 

 

◀タビビトノキの果実
(果実の中にあるコバルトブルーの物が種子)

 

 

「タビビトノキ」を見に行こう!
兵庫県立フラワーセンターHPはこちら>
www.hyogo-park.or.jp/flower-center/index.html

ムッシュ・フルーリは白井にとって緑の知恵袋のような存在。バックナンバー「ムッシュ・フルーリ緑の扉」にも植物の知りたいコトが満載です。