レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

富山ポジティブシンキング

第7回 ホタルイカとわかめ

2022/3/3 

東京から富山に移住して、改めて地方の食の豊かさや健康の大切さを学んでいます。富山暮らしで発見したこと、気がついたこと、クスッと笑えるネタになるようなことを徒然と語ります。

田原朋子(プロフィール)
子育てがひと段落したこともあり、30年間勤めた某公共放送系実用出版社を退社して富山県富山市にIターン。夫と猫と気楽なマンション暮らし。現在はフリーで、食と健康の編集企画・ライター業を営む。得意分野は実用もの。白井操先生には、テキストの編集や広告部での仕事でたくさんのご縁をいただいた。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

第7回 ホタルイカとわかめ

気がついたら日差しは長くなっているし、雪ではなくて雨が降るようになっていて、店先には380円のゆでホタルイカや、1パック98円の新わかめが並んでいました。
兵庫県の日本海側もホタルイカは有名ですよね。富山もまた、有名な産地なのです。
▶漁解禁のシーズンは、生のホタルイカも出回ります(生では食べない!)。地元の友人に聞くと定番の酢味噌やパスタのほか、バター醤油で炒めて黒胡椒を振るのもおすすめとか。

 

そんなことを、同じように富山に移住してきた友人と話していると「夫は腰まで海に浸かれるアイテムを買って、今年こそ本物の沖漬けを作ると意気込んでいます」というんです。
アウトドア派の彼は、醤油を入れた袋を腰に下げて海に入り、網ですくったホタルイカを直接そこにダイブさせる、という計画を立てているとか。

◀昨年は、滑川市のホタルイカミュージアムで泳ぐホタルイカを見てきました。けっこう大きいです!

ホタルイカは、ホタルイカ的に都合の良い条件(潮とか暗がりとか風向きとか)が整えば海岸に湧いてきて、青く発光します。昨年の春は、ホタルイカと自分達のタイミングがずれて発光を見られませんでしたが、今年は見られるとよいな。

そんなことを書きながら、富山に来て2回目の春なんだ、と改めて思ったのでした。

◀つい先日までの雪景色も、もうおしまいです。

▶全国共通、沈丁花の香りが漂い始めました。

富山ポジティブシンキング一覧へ戻る