レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操発スタジオ*トピックス

日常よくあるエピソードから・・・

2021/12/28 

常にコロナを気にしながら暮らす窮屈な日々の中にも、思いきりお腹を抱えて笑えることや、「え~っ!」と驚いて「さすがにこれは笑っている場合じゃない」と思いつつも、可笑しさがこみあげてきて一人で笑って「ふぅ、お疲れさま・・・」とつぶやく、そんなことが私の日常にはいくつもあります。今日はそのひとつを・・・。
「あたり年」とは言わないのでしょうが、今年は、まぁ順々に電化製品や家まわりのものが壊れていきました。すごい風が吹いた日から閉まらなくなった門の鍵、庭の木々に支えられて持っていた木製の塀も暴風雨の後、寿命を感じる姿になりました。ある日急に熱風が出てきたクーラー。冷蔵庫もなんか変な音がすると思ってはいたのですが、ついに氷が解け始め・・・といった具合に次々と。「我が家には魔法使いがいるの?」と問いかけたくなる思いでした。
急いでお世話になっている電器屋さんに電話すると「あ~それはボチボチ買い替え時ですね。ただ今大変なんですよ。とりあえず問屋に聞いてみますね。前と同じサイズですね・・・」とのお返事。世間で半導体不足がどうこうと騒がれるこの時期に故障とは。待つこと5~6分「あります1台だけ。どうします?この機会を逃したら数週間待たないと・・・」の言葉に「寸法は合うんですね。分かりました」と私。数日後、我が家にやってきた冷蔵庫はシックな装いでひと安心。
古い冷蔵庫から膨大な量の大移動を全力で手伝ってくれたお嫁ちゃんも帰り、一人夜中に夢中で冷蔵庫をゴソゴソ片付けていました。冷蔵庫の扉を閉めた時、突然、目の前に現れた、疲れてヨレヨレになった魔法使いのおばあさんの姿。「あっ!えっ?」と声が出る程びっくりした瞬間、冷蔵庫の扉がミラー仕上げだったと気づき、大笑い。「はじめまして、あなたはどなたさん?」と話しかけたりして、いつまでも一人でクスクス。

新しい年は目の前、シクラメンの赤とクリスマスローズのたくさんの蕾に、毎日元気をもらっています。
白井操

操発スタジオ*トピックス一覧へ戻る