レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

お知らせ

ナッツを広め、ナッツと歩む新たな一歩

2020/12/10 

今お知らせしたい耳よりな情報、白井が出会った素敵な人や仕事など、毎回新たな切り口でご紹介。トークショーや料理セミナーでお話するような気持ちで、楽しい話題や知っておきたい知識をHPで発信します。
******************************************
  日本で初めてナッツのローストを始められた東洋ナッツ食品株式会社は、1959年、先代の故・中島泰介さんが兵庫県神戸市で創業。当時はまだまだ高級品であったナッツをもっと身近に……との想いのもと、輸入から焙煎、加工、包装まで一貫して行う日本では初のナッツ専業メーカーとしてその普及に尽力されました。今日のように、コンビニやスーパーで気軽に買え、おやつや料理の食材としてもナッツをいただく食文化は、東洋ナッツさんによってつくられたといっても過言ではないでしょう。1996年より引き継がれた中島洋人社長にお話を伺いました。

「いつでも、どこでも、だれにでも」に込めた想い。
 60年前、日本の食生活は貧しく、栄養状態も悪かった。そんな時、父は栄養の高いナッツに出会い、なんとか日本人の健康増進に役立てたいという思いで「いつでも、どこでも、だれにでも」を指針に掲げました。しかし、そういう状況は80年代半ばにはほぼ達成。私が社長になり最初に思ったのは「改めて、本当に美味しいナッツとは何かを追求する」ということでした。現在、ナッツは身近になったとはいえ、まだまだおつまみや、料理でもトッピングや添え物のイメージが強い。この役割を逆転させ、ナッツをメインにする新しいシーンを創出していくことが、今後の目標です。

息の長いお付き合い。人のつながりに感謝。
 ナッツの栽培には長い歳月がかかります。植樹してから、アーモンドがまともに収穫できるのは8年目くらいから。ピスタチオは最低でも60年。その間、生産者は水や肥料を与え、虫害や気象に気を配りながら世話をします。そんな懸命な思いが実になり、収穫へとつながります。収穫はいい時も悪い時もありますし、相手が必ず買ってくれる、売ってくれるという保証もない。だからこそ大切なのは信頼関係。我々は農園主とコネを持つ輸出業者と交渉するのですが、その会社の信用、社長の人柄も大きい。今春、創業60年の記念式典に初めて海外の取引企業を招くことができました。改めて人のつながりに感謝したひとときでした。

いい畑、悪い畑とは?
 以前、米国のアーモンド畑を訪ねた時、畑の顔の違いを感じました。農園主の愛を感じる畑、軍隊のように誇らしく並ぶ畑、デザインが調和されている畑、それぞれ作り手の性格が出ているんです。いい畑、悪い畑の格付けは難しい。環境や天候に左右される農作物の収穫は、決していい年ばかりじゃない。できのいい年は、どこの畑のナッツもたいてい美味しいです。でも、できの悪い年に大きく差が出ます。いい年には100点取れていたものが、悪い年は85点。105点だった畑が悪い年は65点だったりする。我々としては、この差が少ない方がいいわけです。いい畑は、幼木で収穫が得られない何年もの間を、しっかり育ててもらっているから、こんな時こそ頑張ろうと思ってくれるんじゃないかな(笑)。

女性の悩みにアプローチした新展開。
 ここ数年、健康美容ブームでナッツを食べる食習慣が若い女性たちを中心に増えていることを受け、2020年9月に、10日間限定で東京銀座に「美容とナッツの専門店」をオープンしました。美容効果が期待できる栄養素を含んだナッツを取り揃え、食生活やライフスタイルにあった「パーソナライズド・ナッツ」を提案。パッケージを手のひらサイズの半球型のカップにするなど、お洒落なイメージをプラスし、ダイエット、美肌づくり、睡眠サポートなど、女性の悩みにアプローチした管理栄養士監修のセットは予想以上に好評で、ナッツの新しい楽しみ方を発信できたと思っています。

社長イチ押しの、ナッツの楽しみ方。
 私自身は、家では朝食のサラダにクルミをトッピングして食べています。また、当社の商品にアーモンドペーストがあるのですが、イタリアンドレッシングに溶き混ぜ、野菜などにかけて食べると抜群にうまいです。またカシューナッツは、家庭でフライパンでローストすると焦げやすく意外に難しいので、当社の加熱済みカシューナッツを中華の炒ものなどに使ってもらったらいいなと思います。濃いめローストは少し甘味が出ますから。またコレが、ポテトサラダに合うんです!香ばしさが増して美味しい。ぜひお試しを。いまは、業務用に販売しているものを小分けして販売しようと考えています。

毎日の食卓にもっとナッツを!
ナッツの新しい展開、今後の活躍を応援しています。
東洋ナッツ食品㈱HPでも白井のエッセイとレシピを連載中です。今月はスタジオに中島社長をお迎えした日の白井の思いを綴っています。こちらもごらんください。
白井操さんのナッツkitchen

お知らせ一覧へ戻る