レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

パリのうふふ手帖

第4回「水をためる」

2018/6/1 

ひろみさんはフランス人のご主人ジルさんと二人、パリに暮らす白井の友人。
フォンテーヌ家の奥様の目に映るパリの街・人・風をお伝えします。



非常時用の水は、できれば3日分置いておきたい。

ボトルの口ギリギリまで水を入れると傷みにくい。

いっぱいためても、揺れでこぼれてしまう場合も。

保冷剤代わりになり、中身が溶ければ飲料用に。

●「食から学ぶ震災の記録」を読んでみたい方は・・・
【PDFダウンロードはこちらから】神戸市中央図書館HP>

プロフィール

ひろみ フォンテーヌ

1959年函館生まれ。文化服装学院卒業。東京にてモードの仕事をする。
1990年渡仏。パリ、ブリュッセル、ピサにて暮らす。
現在、フランス人の夫とパリ在住。旅行と料理が大好き。

パリのうふふ手帖一覧へ戻る