レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操発スタジオ*トピックス

「梅の力を信じて」 

2010/8/9 

今年の梅干しは「あの日の梅干し」の作り手佐々木美佐子さん流です。作り方を教えていただいた時の言葉が心に残りました「梅の殺菌力を信じて・・・」。水洗いした梅に塩をして、拭かずに水気を梅に残したままカメに入れます。「ぬれているほうが梅のまわりに塩がつくでしょう・・・」なるほど。塩と梅を交互に入れていくのですが、すぐに重石をしません。2日ぐらいおいて水が上がってきてから重石をします。その後は極力さわらないことが大切なんだそうです。「少々白いカビが浮いていてもさっと取れば大丈夫・・・」なるほど、なるほど、殺菌力を信じて、梅の力を信じて・・・梅への深い信頼があってこそ、香りがよく、身ばなれよく、おいしい・・・そんな梅干しが仕上がるんですね。減塩の梅干しはあとから塩を抜いているものが多く、塩と一緒に香りも栄養分も抜け、旨味・甘味を足しているとか。梅は南高梅の木で完熟したものを使いました。梅の力を信じて出来上がりを待ちます。楽しみ、楽しみ。南高梅

操発スタジオ*トピックス一覧へ戻る