レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

六甲バター株式会社 塚本哲夫社長をお招きして

2010/6/11 

155nishi-garden今回は六甲バター株式会社の塚本哲夫社長をゲストにお迎えしました。QBBブランドでお馴染みのプロセスチーズのパイオニアです。主力のベビーチーズは現在8種類。今日の試食はベビーチーズをスズキにはさんだオーブンフライです。「六甲バターという会社名ですがチーズが有名ですね。」と白井。「かつて『おいしいマーガリン六甲バター』という商品があり、そこから会社名をとったんです。チーズを主に作っていますがバターは作ったことはないんですよ。」と塚本社長。「QBBといえばプロセスチーズですよね。ナチュラルチーズとの違いはなんですか?」「プロセスチーズはナチュラルチーズを原料にして加工したチーズのことです。ナチュラルチーズは熟成が進んでいくため日持ちがしませんが、プロセスチーズは長期保存ができるので扱いやすいんです。」塚本社長が続けます「便利で、手ごろな価格のチーズを作ろうといろいろ考え、スティックチーズやスライスチーズの開発を手がけました」。学校給食でのチーズのシェアはなんと70%だそう。私たちの食卓にチーズを浸透させた功績の大きさを感じます。「”食”の関係で会議をご一緒したとき、進行が煮詰まると塚本社長さんの一言でふっと空気が変わるんです。すごいなと思います。いつもきさくで楽しい方なんです」とお人柄を紹介する白井。「私も会社も『健康で明るく楽しい』を大切にしています。外国も見てきましたが、品質ではどの国にも負けないと思っています。世界一のプロセスチーズメーカーが目標なんです。」と塚本社長。最後に次世代に向けて一言を求められ「これからも一生懸命することしかないですわなぁ」と笑いながら「もっと健康で明るく楽しく・・・かな。これは変わりません。」と締めくくられました。気さくで朗らかな口調で和やかに楽しく語っていただきました。

西宮阪急「食のミニセミナー」一覧へ戻る