レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

セミナーレポート 2017.9.22 フジッコ株式会社 取締役 北島幹也さん  研究開発部長 戸田登志也さん

2017/9/29 

本日のゲストは、フジッコ株式会社 取締役 マーケティング本部長の北島幹也さんと研究開発部長の戸田登志也さん。ご参加の皆様にたくさんのお土産をご用意下さいました。

まずは戸田さんから大豆と昆布とヨーグルトのお話。「長寿の国日本でも平均余命と健康寿命には10年の開きがあります。この10年が食を通して縮めることができたらと色んな研究をしてきました。栄養バランスの指針を国家の重要事項として世界の国々が考えていますが、海藻類・豆類は日本にしかない栄養素なんですよ。とろろ昆布は、昆布を重ねて側面を0.02mmに削ったもの。細胞が切断されて吸収もよく水溶性の食物繊維がたっぷり。」フコイダンやアルギン酸などの成分は昆布ならでは。「女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンは、骨粗しょう症予防や心臓病予防にも効果が認められていますが、食文化が変化して若い人は大豆を食べる量が減っている残念な状況です」。

「カスピ海ヨーグルトの粘りはクレモリス菌のEPSが作り出す独自のもの。整腸効果、風邪やインフルエンザ・アトピーの抑制効果、食後の血糖値の上昇をゆるやかにする効果などいいことがいっぱい。日本の食生活に沿った形で食べる量を増やすことができればと考えています。」などなど、資料やデータとともに次々と耳よりな話題を。

「カスピ海ヨーグルトのトッピングは黒豆餡のお団子。黒豆の甘煮をつぶして、アーモンドパウダーやすりごまなどを加えると手軽に餡が作れます。塩昆布を刻んで、ツナ缶と刻みネギと混ぜ、醤油とオリーブ油、黒コショウで味つけしただけの具をごはんにのせて。レンジで味をなじませるのが『ツナ缶と塩昆布丼』のポイント」と白井から試食のご紹介。

「実は・・」と北島さん「塩昆布を細かく刻んであり、食卓でふりかけて食べていただくボトル入りの便利な新商品を来月発売予定です。プレーン味ともうひとつ、ちょっと冒険して洋風メニューに合うガーリックペッパー味も作りました。今日のお土産にもご用意しています。」新商品の先取り情報も飛び出し、会場も盛り上がります。

「『食は人の天なり』と先人の言葉があるように、人にとって食はとても大事なもの。人の命をつないでくれる食を大切に思う方がここに集われているんですね」と白井。今日も和やかに学びあり笑いありのセミナーでした。

(文:土田)

セミナーレポート 2017.9.8 黒田千佳さんの料理講習会

2017/9/13 

「お友達になってから料理の先生もなさってるとお聞きして、ぜひとお招きしました」白井とが紹介したのは、夙川で料理教室を主宰される黒田千佳さん。今回はダイエットレシピをご紹介いただきます。
「痩せたいときに無理なく痩せられる体でいるために『美腸』が大切。腸を温めたり、発酵食品と繊維をたっぷり摂ると、腸の動きが活発になって、代謝も免疫力も上がり、美肌に。幸せホルモンのセロトニンも出てきます」と笑顔で。

生芋こんにゃくが半丁とトマト・たまねぎ・にんじんが入った「こんにゃくドレッシング」は作り置きができて、繊維が足りない時に簡単に補えるすぐれもの。食事の30分前に野菜にかけて食べれば食事のときには少し満腹感が出るダイエットの強い味方です。お客様も試食して感心のご様子。

もう一品はいちじくのゴマ酢和え。「ポリフェノールをたくさん持ついちじく。私が考えたとっておきの保存法は、ラップを広げ、傷みやすいおしりをラップの中央にして空気が入らないようひとつずつ包み、野菜室ではなく冷蔵室で置くこと。足が早い完熟のものでも4日は持ちますよ。」酒と塩こうじをまぶしレンジにかけたササミといちじくをごま酢でやさしく和え、少しなじませるととイチジクのタンパク質分解酵素がササミをモチっといい食感に。
細やかなアドバイスやコツを交えながら手際よく進める千佳さんに「すごい!スタイルのいい千佳ちゃんの言葉にはとっても説得力がありますよね。私50年ぶりに料理を習って今とてもワクワクしています」と白井。

千佳さんとともに持ち上げた大きな太刀魚は鮮魚売り場の今日のおすすめ。「近海物でこれから旬を迎える太刀魚はもっと身近に食べたい魚。背びれの骨抜きをするだけでうんと食べやすくなりますよ」。

白井からは魚のおいしい食べ方を色々アドバイス。今日のセミナーは2本立て。料理好きにはたまらない和やかなセミナーになりました。

(文:土田)

セミナーレポート 2017.8.25 白井さんの料理講習会

2017/8/31 

「今はもうお歳暮カタログのロケで全国を飛び回ってます。」と笑顔で始まった白井の料理講習会。毎月出演しているNHK「きょうの料理」8月のレシピのご紹介と残暑を乗り切る元気の素についてのお話を。
「どうしていつもそんなに笑顔でいられるの?ってよく聞かれるんです。いつのまにか元気のための習慣になっているのは、体を冷やさないように夏用・冬用と年中レッグウォーマーをすることや、枕元の小さいポットにお湯を入れて寝て、朝起きて、トイレ・うがいと済ませたら、先ず温かいものを一口飲むこと、起きる前に簡単な準備運動をすることかな。毎日おんなじでもつまらなくなるので、少しずつ変えながら続けてます。楽しい交友関係も元気の素として大事ですよね。日々の小さな幸せが明日の元気を支えてくれています」。

楽しく暮らすって何?今年で60周年を迎える『きょうの料理』、自宅の古いテキストを見ると40年前はもっと専門的だったと白井。「当時はダシもブイヨンも一から作って、先生に教えてもらわないと作れないような専門的な料理が多かった。今は見栄え良く、簡単で材料が少なく・・・が主流。ダシをとらないことに抵抗がない方も増えたと聞きます。それがダメとは言わないけど、昆布とかつおでちゃんととったダシの旨みがどれだけおいしいかは知っていて欲しい。楽しいことはそんなひと手間の中にある・・・そう思ってくださる方がこのセミナーに集まっているような気もします」。
8月の「きょうの料理」で紹介した「夏野菜のピリ辛肉みそ」「香味野菜のコールドチキン」の実演と試食を。「野菜もたくさん食べて欲しいけど、年配の方にやっぱりお肉は大事。バランスよく食べて夏バテ知らずに」。野菜の切り方や調理のコツも写真を交えて色々とご紹介。和やかな時間が過ぎて行きました。                        (文:土田)