レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操発スタジオ*トピックス

小さい幸せ

2015/1/13 

新しい年が始まりました。
年末からずーっとご飯の用意ばかりしています。
好きなんですね、台所の仕事。自分でつくづく思います。
コトコト動きながら、ちょっと楽しいことも色々作っていきます。
まぁ用事を増やしているともいえるけど・・・・。
スタジオトピックス15.1.13
大根や小かぶ、人参など、包丁を入れるときに葉のついている上の部分を2㎝切って、浅いお皿に少し水をはって数日置くと、次々芽をだし、かわいい葉がでてきます。
水は毎朝こまめにかえましょう。
お刺身に、煮物の色どりに、焼き魚やソテーした肉の添えに大活躍です。
今年も、毎日の小さい幸せの積み重ねと達成感で、笑顔の食卓ですね。

秋は足早に過ぎて

2014/12/9 

キッチンスタジオの秋は足早に過ぎていきます。
秋が深まるとおいしくなるものはたくさんありますが、今年は裏の畑にスタッフが植えてくれたさつま芋が甘くておいしい!掘って土に広げて待つこと1週間。時間をかけてじーっくりふかし芋に、焼き芋に・・・。小ぶりだけど無茶苦茶おいしいんです。実はこの収穫、NHKの神戸局制作のれんこんの番組の収録前。今日を逃すとまた外の講習会が続き・・・という訳でひっつき虫にやっつけられながら土を掘ります。楽しい時間でした。
14.12.6. 414.12.6 1

今年は「笑顔の食卓」を出版し、あっという間の1年でした。秋の初めに本になりサイン会やトークショーが続きました。大きな台風が日本全国を暴れまわりハラハラすることも。
今まで食べ物に助けられていろんな本を作ってきましたが、今回の本は不思議な力を持っています。人にあげたくなる本・・・といっていただくのはありがたいことです。私は大体何をしても楽しいんだけど今回の本はことのほか作っている間ずっと楽しんでいました。料理を作ることは素敵な時間を作ること。台所からはたくさんの幸せが生まれ食卓からは絆が作られていくと信じているからでしょうか。人の心が近づく一番は共にごはんを食べること。作ったごはんを食べてもらうこと。

さて、れんこんの番組は12月17日、秋が深まるとますますおいしくなります。すりおろしとあらみじん、もちもち、しゃきしゃき、切り方で食感が全然違うれんこんで作る揚げ団子はみんな大好き。すりおろしをみそ汁に加えるとやさしいとろみが体をあたためてくれる楽しさも。ふふ、やっぱり料理は面白いです。
白井 操
14.12.6. 314.12.6 2

HPリニューアルと『笑顔の食卓』

2014/9/11 

秋の気配を感じるこの頃です。ホームページが変わりました。読みやすくなりましたでしょ?まだ少し工事が残っている所もありますが、ほぼ完了です。
新しいコーナーも始まります。「笑顔の食卓」という本のご案内や南光さんの息子の達平君という無茶苦茶食べることに詳しい若者とのやり取りも始まります。日本の将来も捨てたもんじゃないですよ。

新しい本「笑顔の食卓」のご紹介です。
自分でいうのもなんですが、いい本になりました。うれしいです。
私、30年間ずーっと言い続けていることがあって、人は共にご飯を食べると心がうんと近づき、繰り返し食べると、喜びや痛みを共有できるエネルギーが生まれる。ご飯の持つ力がピンチの時に寄りそえる絆を作る・・・と、ね。そんな思いが形になった本です。
この本は阪急で6年余り配布されたレシピに加筆・再撮影したものに加えて、各界で活躍されている10人の方たちに、南光さんと私がインタビューをさせていただいています。「えーっ!そんなこと聞かせていただいていいの?というお話もたっぷりです。どうぞぜひ手にとってみてください。ジュンク堂(☆1)や、紀伊國屋書店(☆2)、阪急百貨店(☆3)、Amazonでお買い求めいただけます。

(☆1)ジュンク堂書店(大阪本店)

(☆2)紀伊國屋書店(梅田本店 グランフロント店)

(☆3)西宮阪急(1F食料品サービスカウンター)、宝塚阪急(食料品「日本の味」コーナー)

Amazon
20140910