レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操の「へぇ~!」な雑学

月見草と待宵草、それに宵待草

月見草っていう名前は誰しも聞いたことがあるよね。花に興味のない人でも、どんな花か知らないけど、何となく風情のある名前だなぁってくらいは思っているかな。

このツキミソウって花は、アカバナ科マツヨイグサ属に属するメキシコ原産の一年生草本で、江戸時代の末期に観賞用として日本に入ってきたんだ。ところで、月見草の花は何色か知っているかい? えっ、黄色だって!? Boooooo! 確かにマツヨイグサの仲間は夕方から夜に咲く黄色い花が多いいんだけど、ツキミソウは白い花を付けるんだぞ。もちろん、月見草っていうくらいだから、夕方から咲き始めて翌朝には萎んでしまうんだけど、萎む頃には花びらはピンク色に染まっているんだ。
%e6%9c%88%e8%a6%8b%e8%8d%89%e3%81%a8%e5%be%85%e5%ae%b5%e8%8d%89%e3%81%9d%e3%81%97%e3%81%a6%e5%ae%b5%e5%be%85%e8%8d%89%e2%91%a0%e3%83%84%e3%82%ad%e3%83%9f%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%81%ae%e8%8a%b1 ツキミソウの花

ツキミソウが導入された時期に相前後して、他のマツヨイグサの仲間、マツヨイグサ、オオマツヨイグサ、メマツヨイグサなど数種類の仲間たちも導入され、新天地に来たツキミソウは他の仲間たちとの生存競争に負けてしまったんだよ(マツヨイグサ属はすべて南北アメリカ大陸が原産地で、日本には元々なかった植物だぞ)。今では、野生のツキミソウを見ること事態が非常に珍しくなっているんだ。だから、戦後~昭和30年代頃まで、日本中の空き地に大群落を作っていたマツヨイグサやオオマツヨイグサが、ツキミソウに代わって月見草と呼ばれるようになったみたいなんだ。(そのオオマツヨイグサも、今ではセイタカアワダチソウに取って代わられているけどね)。
%e6%9c%88%e8%a6%8b%e8%8d%89%e3%81%a8%e5%be%85%e5%ae%b5%e8%8d%89%e3%81%9d%e3%81%97%e3%81%a6%e5%ae%b5%e5%be%85%e8%8d%89%e2%91%a1%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%a8%e3%82%a4%e3%82%b0%e3%82%b5 マツヨイグサ
%e6%9c%88%e8%a6%8b%e8%8d%89%e3%81%a8%e5%be%85%e5%ae%b5%e8%8d%89%e3%81%9d%e3%81%97%e3%81%a6%e5%ae%b5%e5%be%85%e8%8d%89%e2%91%a2%e3%82%aa%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%a8%e3%82%a4%e3%82%b0%e3%82%b5 オオマツヨイグサ
%e6%9c%88%e8%a6%8b%e8%8d%89%e3%81%a8%e5%be%85%e5%ae%b5%e8%8d%89%e3%81%9d%e3%81%97%e3%81%a6%e5%ae%b5%e5%be%85%e8%8d%89%e2%91%a3%e3%83%a1%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%a8%e3%82%a4%e3%82%b0%e3%82%b5 メマツヨイグサ

ちなみに、竹久夢二の「宵待草(よいまちぐさ)」っていう詩は、最初は「待宵草(まつよいぐさ)」と本人の自筆で書かれていたようだけど、語感の良さから夢二本人が途中から「宵待草(よいまちぐさ)」と書き換えたらしいぞ。でも、それにメロディーがついて大ヒットしたもんだから、「宵待草」という呼び名も大正~昭和の始め頃までは、メジャーになっていたみたいなんだ。でも、最近は聞かなくなったよね。

♬待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬそうな♬

あっ、早速口ずさんでるな! どうだい、懐かしいだろう?

さて、マツヨイグサの仲間には昼咲きのものもあって、その代表格がヒルザキツキミソウと呼ばれるピンクの花を咲かせる宿根草だね。一度植えておけば、大した世話をしなくても、初夏から夏にかけて爽やかなピンクの大きな花を咲かせ続けるので、先の園芸ブームの頃から結構人気があるんだ。みんなの中にも庭に植えている人がいるだろう?
%e6%9c%88%e8%a6%8b%e8%8d%89%e3%81%a8%e5%be%85%e5%ae%b5%e8%8d%89%e3%81%9d%e3%81%97%e3%81%a6%e5%ae%b5%e5%be%85%e8%8d%89%e2%91%a4%e3%83%92%e3%83%ab%e3%82%b6%e3%82%ad%e3%83%84%e3%82%ad%e3%83%9f%e3%82%bd ヒルザキツキミソウ

最近では見なくなったツキミソウ、みんなも探してみてごらん!

おはぎとぼたもち

「萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」
(はぎのはな おばな くずばな なでしこのはな おみなえし またふじばかま あさがおのはな)

今回も、山上憶良が詠んだ秋の七草の歌から始めたんだけど、この歌の突破しに出てくる萩の花は、もちろんみんなよく知っているよね。前回の葛の花に比べれば、この時期になるとあちこちの公園やお寺などで「萩祭り」なるものも催されるしね。
おはぎとぼたもち③ハギの樹姿  ハギの花

ハギはマメ科に属する落葉低木だけど、年々幹が大きく太くなることはなく、その年に根際から出た枝は木質化するんだけど、冬には地際近くまで枯れてしまうので、毎年地際から新しい枝を伸ばすことになるんだ。だから、萩を栽培するときは冬に枯れた枝を地際まで刈り込むことが必要なんだぞ。
おはぎとぼたもち②ハギの花の拡大 ハギの花の拡大

さて、それじゃあ、今回もみんなの大好きな食べ物から攻めてみようかな。萩にまつわる食べ物と言えば・・・・・そう、誰しも思い浮かぶのは「おはぎ」だね。「おはぎ」は「御萩」という意味で、萩の花の咲く秋の彼岸に食べる小豆の餡で包んだお餅のことを言うんだ。人によっては、または地域によっては、つぶ餡かこし餡か、または中入れるお餅は完全に搗いた餅か、それとも粒々感を残した半搗きかなど、異論もあるだろうけど、秋の彼岸に食べるのは「おはぎ」なんだ。それじゃあ、春の彼岸に食べるのは? そうそのとおり! 「ぼたもち」だね。ぼたもちは、漢字で書くと「牡丹餅」で、牡丹の花の咲く頃に食べるので牡丹餅と呼ばれるようなったんだ。

「おはぎ」も「ぼたもち」も基本的には一緒なんだけど、昔は小豆の収穫後、マメの皮が柔らかいうちに作る「おはぎ」にはつぶ餡を、翌春になってマメの皮が固くなってきたときに作る「ぼたもち」には、皮を取り除いたこし餡を使うのが一般的だったようだけど、今はマメの保存技術が発達したので、いつでも美味しいつぶ餡を作れるんだ。
いずれにしても、餡餅に季節の花の名前を付けるなんて、昔の人のセンスもなかなか洒落てていいよね!

話のついでに、秋が「おはぎ」で春が「ぼたもち」なら、夏と冬は? 実は、夏と冬にも別の呼び名があるんだぞ。おはぎは基本的に半搗きの餅米を使うことから、餅搗きをせずに捏ねるだけだよね。だから、餅を搗いている音がしないので周りには作っていることが分からないんだよ。さて、夜に船着き場に着いた船は、周りが暗いので着いたことが分からないだろう。おはぎも搗いたことが分からないので、そのことをかけて夏のおはぎを「夜船(よふね)」と言うんだ。また、冬に家の北側の窓から空を見上げても、お月さんは見えないよね。このことから、北側の窓には月がないことと、おはぎの搗きがないのをかけて、冬のおはぎを「北窓(きたまど)」というんだぞ。どうだい、なかなか洒落てるだろう?
おはぎとぼたもち①ハギの花 ハギの樹姿

もう一つついでに、萩という名前は、毎年、春になると株元から新芽が生えてくることから、「生芽(はえき)」が訛って「はぎ」となったという説が有力みたいなんだ。ちなみに、『万葉集』では「芽子」と表記して「はぎ」と読ませているんだってさ。

葛はクズじゃない

「萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」
(はぎのはな おばな くずばな なでしこのはな おみなえし またふじばかま あさがおのはな)

この歌は山上憶良が秋の七草を詠んだ歌で、万葉集に収められているんだけど、みんなはこの歌の3番目に詠まれている葛の花を見たことがあるかい? と言う前に、葛(クズ)っていう植物を知っているんだろうね? なんだか怪しいなぁ。じゃあ、まずクズって言う植物の説明からはじめるとするか!
葛はクズじゃない①クズの花 クズの花

クズは、マメ科に属する多年生の草本で、地下に大きな塊根を作り、毎年そこから非常に長い蔓を伸ばして周りの植物を覆い尽くしてしまうほどなんだ。
葛はクズじゃない③周りを覆いつ尽くすようにはびこるクズの蔓 周りを覆いつくすようにはびこるクズの蔓

ところで、食べ物には目がないみんななら、葛湯、葛餅、葛切りは当然知ってるよね。クズの大きな根からは大変質の良いデンプンが穫れて、それを葛粉と言うんだけど、特に、奈良県の吉野町で穫れた最良のものは「吉野葛」と言って最高級品だよね。この葛粉を水で溶いて砂糖を加えて、ゆっくりと加熱しながら透明になるまで練ったものが葛湯。溶かした葛粉を冷やして固めたものが葛餅。そして麺状に切ったものが葛切りだぞ。
さらに、葛根湯(かっこんとう)は風邪の引きかけに、解熱などのために呑む漢方薬としてよく知られているよね。もちろんこれは葛の根から作られた生薬だぞ。さらにもう一つ、葛の花は二日酔いの予防や治療にも使われているんだぞ。また、強くて長い蔓は葛籠(つづら)を編む材料となり、葉は家畜の飼料にもなるんだぞ。

どうだい、葛って言う植物は、クズどころか、ものすごく人間の役に立つ植物だってことが分かっただろう。ところが、あまりにも生長が早く、そこら中ではびこってしまうことから、今では厄介者のレッテルが貼られているのは、植物好きの我が輩としては悲しいかぎりだね。

さて、ここらで話題を変えて、みんなは「葛の葉伝説」って言うのを聞いたことがないかなぁ?
今から千年ほども前の話なんだけど、今の大阪は阿倍野の里に住んでいた安部保名(あべのやすな)は、父の代に没落した家の再興を願って、信太森葛葉稲荷(しのだのもりくずはいなり)に日々お参りをしていたそうな。そんなある日、神社の境内で狩人に追われていた白狐を助けたんだけど、本人が大けがをして倒れ込んでしまったんだ。命を助けられた白狐は、「葛の葉」という美しい女性に化けて、保名を家まで送り届け、その後も何度も見舞ったそうな。やがて二人の心が通じ合い夫婦となり童子丸という男子をもうけたんだ。しかし、その子が5歳の時、ひょんなことから葛の葉の正体が狐であることがばれて、狐は泣く泣くその子をおいて森へ帰ったんだ。その際に葛の葉が障子に書き残した歌が、

「恋しくば、尋ね来てみよ 和泉なる 信太の森の うらみ葛の葉」
(こいしくば たずねきてみよ いずみなる しのだのもりの うらみくずのは)

で、そのときに残された子(童子丸)が、後に陰陽師(おんみょうじ)として名を挙げる安倍晴明だと伝わってるんだぞ。

この伝説から、狐が化けるときには、葛の葉を頭の上に乗せるんだってさ。ちなみに、きつねうどんをしのだって呼ぶのも、この伝説かららしいぞ。
安倍晴明をお祭りしている安倍晴明神社は、大阪と京都にあるから、一度お参りしてみてはどうかな。ただ、その際には、ちゃんと葛って言う植物を確認してからお参りするんだぞ!
葛はクズじゃない②開花中のクズ 開花中のクズ