レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

白井操のHPへようこそ

台所に立つのが好き、料理の楽しさを伝えたい・・・。その原点はこの仕事を始めて30年たった今も変わりません。
料理を作って一緒に食べる。私にとって幸せの形です。
本にサインさせていただく時、どうぞあなたの作られた料理から明日の笑顔のエネルギーが生まれますように・・・・と書きます。「食べることは楽しい、一緒に作れたらもっと楽しいよ」と言ってきました。
はじめは料理を教えるだけでしたが、本ができ、企業の商品企画をしたり、生産者の思いを伝えプロデュースすることも多くなりました。でも何をしても基本はレシピ作り。料理を作って撮影する日が続きます。
仕事の幅は広がりましたが、原点の思いは同じです。食から始まる暮らしの楽しさや感動をお伝えできたらと願っています。

プロフィール

料理研究家 白井 操(しらい みさお)
神戸市生まれ。
NHKテレビ・ラジオ、新聞、雑誌などで活躍。

初めての本が出てから30年、「食からはじまる心豊かな暮らし」をテーマに、誰もが気軽に料理を楽しめるレシピやアイデアなど広く提案。はさみを使って簡単に魚をさばく方法はさまざまなメディアに取り上げられた。20年に渡り講師を務めるNHK「きょうの料理」では、「お父さんの台所塾」(’05~’07)で、大きな反響を得、団塊世代の男性に料理の楽しさを伝えるさきがけに。

地元食材を使ったメニューコンテストの審査、誠実な生産者が手掛ける商品を贈答用カタログで取り上げる他、地産地消・安全安心を掲げる百貨店食品売場のプロデュースなども手掛ける。ひょうご「食」担当参与として、生産者と消費者をつなぐ橋渡しや県下の食材の掘り起こし、テレビや本での特産品の紹介にも力を入れている。

レシピから伝わる豊かな暮らしのエッセンスや親しみやすい語り口は、広い世代に共感を得ている。
近著に「五国豊穣 兵庫のうまいもん巡り」(神戸新聞総合出版センター)、伝説のシェフ美木剛氏との共著「おいしい四季の味くらべ」など。他著書多数。


役職

・神戸大使(2003年6月 就任)
・兵庫県 ひょうご「食」担当参与
・健康ひょうご21県民運動推進員
・新・健康こうべ21評価推進委員会委員
・NPO法人フィールドキッチン理事長

所在地

白井操クッキングスタジオ

〒658-0063 兵庫県神戸市東灘区住吉山手5丁目1-13
TEL:078-842-7330 FAX:078-842-7339
営業時間:月曜日~金曜日 AM10:00~PM6:00