レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

セミナーレポート 2018.10.26 阪急お歳暮青いギフトカタログ試食会

2018/10/31 New

桂南光さんと白井のトークとともに、ギフトカタログにご紹介している商品を味わって楽しんでいただく試食会もすっかり恒例に。白井が実際に生産者の方を訪ねた時のエピソードや作り手のこだわりを笑いいっぱいにご紹介します。

京都「御幸町 田がわ」の「牛肉の白みそと実山椒漬け」は熊本産黒毛和牛「プレミアム和王」を素材に。「味噌と青粒山椒は少し残して焼くと風味が立ちますよ」。黒之瀬戸の早い海流にもまれた天然真鯛を使った鹿児島「磯の味 黒之瀬戸」の「鯛飯セット」はお米、ダシ、乾燥えのき付き。「お正月に土鍋で炊いてみんなで食べても。」こちらは炊き立てを試食。西宮「神戸ヴァッラータ」の「オリジナルピッツァセット」は「まさにごちそうが薄い生地に載ってるって感じ」。4つの味がセットに。
徳島「黄金の村」の「ゆず香るサバ缶3種と木頭ゆず一番搾り、青ゆずこしょうセット」。「厳選した寒サバに柚子をきかせた缶詰はパスタやごはんにアレンジしても楽しい。ぜひご自分用にも」。丹後・丹波「ニンマリマルシェ」「京都オーガニックアクションのお野菜ポタージュ」の試食はバターナッツかぼちゃのポタージュを。「元アパレル会社の社長さんと元大手広告代理店マンと志ある農家さんが一緒になって新しい農業を目指しておられます」。愛媛のみかん名人が丹精込めた「紅まどんな」を使った「紅まどんなクランチ」も試食をご用意。「ビックリするほど高価な紅まどんな。口の中でじっくりその香りを味わって欲しいですね」。
「南座の前のロシア料理店でしょ。ここおいしいんです。」南光さんもご存じの「キエフ」の「ピロシキ」。「皮までこだわった手作りの味わい。包み方も独特」。茨城・龍ヶ崎「ピーナッツカンパニー」の「ピーナッツクリームセット」は「ピーナッツ農家さんが手掛ける国産ピーナッツクリームです」。おなじみ香川・小豆島「おおみねうどん」の「讃岐オリーブ牛うどん」は小豆島特産のオリーブの搾りかすを餌に育てたオリーブ牛を使った贅沢な味わい。「留守番のとき、これがあったら嬉しいね」と南光さん。
鳥取「いたくら」の「厳選干物詰合せ」は「おじいさんが獲ってきた魚に合わせて丁寧に干物に。まるで生のよう」。京都「京都祐喜」の「新羽二重もち『炭焼きおかき』」。「とくとみさんの作業場はこの夏47℃にまでなられたとか。特別な糯米をこのおかきのために用意し焼かれたものです」。鹿児島「山田水産」の「山田の粋うなぎ」は清らかな地下水を使って鰻の無投薬養殖を手掛ける「鰻師」の鰻。芦屋「芦屋和奏こころ」の「青森県産鴨の和風ろーすと」は試食とともに。「脂身が少ないでしょ?。お願いしてタレを多めにつけてもらってます。ご飯を炊いて楽しんでもらいたくて。真面目なお人柄がにじむ味わい」。「おいしい!」の声が上がると「その声が聞きたかった」と南光さんもにっこり。

宮崎「京料理・宮川」の「宮崎牛のやわらか煮」は豆腐とネギを添えて試食を。「こんな風に肉豆腐風にしても、肉丼でも、肉じゃがでも。だしがおいしいんです」。

デザートには「大阪ヨシダファーム」の「懐かしのプリン」を試食に。「ご夫婦で営む養鶏場は目が届く規模を守り、静かできれい。出来る限り鶏にストレスをかけない心遣いが伝わります」。

「体にやさしいものを追いかけて出会う方々は、みなさん会話も穏やかで・・・」と笑顔の白井。ここではご紹介しきれない脱線話に、気になるギフトの味見、魅力いっぱいの試食会でした。                     (文:土田)

西宮阪急「食のミニセミナー」一覧へ戻る