レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

セミナーレポート 2018.6.22 阪急お中元青いギフトカタログ試食会

2018/6/27 New

今年もお中元の季節。青いギフトカタログから白井おすすめのギフトを試食を交えてご紹介するおなじみの試食会は、桂南光さんをお迎えして、白井とのゆる~い掛け合いも楽しみのひとつ。毎回脱線するので、今回は南光さんのご提案でカタログの順のご紹介に・・・。
「京都・木山の『うなぎの花山椒』。和久傳に16年おられ長く料理長を務められた木山義朗さんに、佃煮ではなく優しい味に仕上げていただきました。」「私食べました、これ。鰻の白焼きに花山椒の香りがなんとも美味しかったなぁ」。京都・にしぶち商店からは『京のもち豚と香味だれ2種詰め合わせ』を。「中華と和を知り尽くされた西淵健太郎さんのソースが絶品。鶏・野菜なんでも美味しくしてくれそう」試食は茹でた豚を添えて。炊き立てのご飯とご用意したのは、京都・リストランテ野呂の『京野菜入りハヤシソース』は「とてもいいお肉を惜しげもなく使われて。野呂さんは揚げた京野菜の油の切り方までじわーっと丁寧なんです」「予約も難しいお店だけに。家で食べられるのが嬉しいなぁ」と南光さん。人気の商品は白井も買えないほど早くなくなるそう。

5月に仲良しのお舅さんとお嫁さんがゲストに来られた福岡・浦野醤油醸造元の『にじいろ甘酒 夏の詰合せギフト』。「アルコールを含まずビタミンB群の宝庫。地元のあまおうを生かしたり、赤飯をイメージして工夫を重ねた飲みやすい甘酒です」。吉野の名水を使い三代続く豆腐職人が作る奈良・吉野山豆腐本舗林とうふ店『吉野のおとうふセット』「ごま豆腐、ざる豆腐、がんもどき、ゆば、どれも本物の味わい。厚揚げもおすすめ。真面目が伝わってきます」。「操ちゃん、めん茶漬けってどんなん?」長崎・みそ半の『隠れ岩松「めん茶漬け」3種の詰合せ』は、熱湯3分で食感抜群のそうめんが食べられる便利もの。「炭の蔵で2~3年寝かして、湯がいてまた冷凍して戻して乾燥して・・・その手間のすべてはのど越しよく仕上げるための努力なんです」。
広島『瀬戸田のレモンジュレ』、「無農薬で皮ごと安心して食べられるとパティシエやバーテンから厚い信頼を集める能勢さんのレモン。皮ごと食べるおいしさをぜひ味わって」。長野・宮下製氷冷蔵『氷屋さんのフルーツソース』は果物の素材が生きる低温殺菌製法。試食はヨーグルトにかけて。「チーズにかけてもおいしそう」と南光さんも気になるご様子。瀬戸内の海のミネラルをたっぷり含む砂地で育てた朝どり人参で作った兵庫・御津町園芸組合『mistuモーニングキャロットジュース』。「これ1本に10本の人参が入っています」。「わ、甘~い!」とお客様の声も・・・。静岡・nikoの『夏野菜と桜えびのキッシュ』は「冷凍で届くのでお好きな時に温めて熱々をどうぞ。女性だけで頑張っている素敵なお店」と白井。

鹿児島・やごろう亭『やごろう豚詰め合わせ』、「実直なお兄さんが飼料にこだわって育てた豚を使い、妹さんがドイツから職人を呼んで本物の製法を学び、添加物が入らないウィンナーやベーコンに。そのセンスが光ります」。試食は白ウィンナーとポークウィンナーにルッコラを添えて。「材料費のほうが高くついているかも」と白井が心配する広島・蓮華『薬膳スープ』。厳選した15種類の薬膳食材をコトコト炊き続けて仕上げた薬膳スープ。「まさに命のスープ、試飲はほんの少し・・・。塩も何にも味付けしてないの、でも伝わりますよね」。京都・パウンドケーキ工房パリ21区の『初摘み抹茶のミニクグロフ』。「日本に初めてクグロフを持ち込まれたお店。初摘み抹茶の香りも色も爽やかです」。大人気の『わかめ麺』を手掛ける兵庫・井上商店からは『淡路島の恵アイスセット』。「溶けかけのちょっと柔らかくなった時が特においしいの。淡路島の牛乳が驚くほど入っています。」うなずきながら試食を味わう客席には笑顔がいっぱい。
作り手を訪ねた白井の話に取材に行っておられない南光さんが補足する名コンビが、駆け足でご紹介するセミナー。「なかなか自分では買えないからこそ、もらった時はうれしい気持ちになるでしょ?」南光さんの言葉に思わず納得のひとときでした。(文:土田)

西宮阪急「食のミニセミナー」一覧へ戻る