レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

セミナーレポート 2018.4.6 白井さんの料理講習会

2018/4/12 

一番に「わぁ!」と声が上がったのはお客様が手にされたつくしのお干菓子。「小さい頃、母がよく作ってくれたもの。おひとつずつどうぞ。今日は白井からお伝えしたいことがいっぱいの盛りだくさんのセミナーになりそう。

「今朝リニューアルした『白井さんのセレクトコーナー』を初めて見ました。」場所も少し変わって手に取りやすくなりました。試食はセレクトコーナーからXO醤とエノキとしいたけの炊き込みご飯を。「今日から販売が始まるXO醤。福井の一流料亭が手掛けた添加物のないXO醤です。初めて味わうものは白ご飯と食べるとそのものの味がよく分かりますよ。今日は炊き込みご飯ですが(笑)。乾燥させてぎゅっと旨みが詰まったエノキと原木椎茸がたっぷりの炊き込みご飯の素で炊きました。XO醤は1980円とお高いのですが、材料を厳選して誠実に作るとどうしてもこれくらいになってしまう。このコーナーの商品は添加物が少ない分、作るのも大変、賞味期限が短いから売り手の阪急さんも大変なんですって。たくさんの支えがあって並んでいるんだなと改めて感じました。」

7月29日に大阪で開催される高野豆腐のセミナーの話題にも触れ、「きょうの料理テキスト8月号の広告に掲載予定のレシピを作りました。ちゃんと旭松さんにはOKをもらいましたから(笑)。コレステロールを下げるレジスタンスたんぱくや繊維質たっぷりの高野豆腐と豚肉、栄養とおいしさの両方楽しめて、かさ増しもできる便利なレシピ。めんつゆを使うとびっくりするほど手軽に。まず高野豆腐にめんつゆ(ストレートタイプ)を裏表に分け大さじ2をかけます。豚肉100gに高野豆腐は2枚ぐらいの割合。それぞれ食べよい大きさに切り、櫛切りの玉ねぎと卵とじにすると、丼にもおかずにもなる便利なおかずに。高野豆腐のために水を200ml入れるのがポイント。お好みでお酒と塩をプラス。お鍋の中でだしごと吸ってちゃんと戻ります。最近の高野豆腐はすぐに煮溶けたりしないので怖がらずに試してみて。冷めてもおいしいんです」。
「アンケートのお便りから『持ち寄りパーティーなどに便利なレシピを』とのリクエストにお応えしてマリネを紹介します。冷凍のイカとエビを使って作れます。マリネ液とよくからむように、かのこに切り目を入れたり、片側に切り目を入れたイカと下ごしらえしたエビは、それぞれ塩と酒を入れたお湯でさっと湯がきます。きゅうりは塩をしてしばらく置いてから切ると、水気を絞りやすいですよ。トマトがあまりおいしくない時は砂糖を一つまみふって」。今回はイカ・エビ・新玉ねぎ・きゅうり・トマト・オリーブのマリネ。「今日のお魚売り場おすすめはアマダイ。これをフライパンで焼いて使うこともできます。マリネ液はトマトの切ったものとホール缶のトマトがだしになります。プラス塩とオリーブオイルです。和のだしを足しても。マリネ液だけ飲んでもおいしいように仕上げてくださいね。取り分けや片付けがしやすいのも大切なポイント」。

最後に質問をたくさんいただく魚について。「お魚の扱いが上手にできなくても、魚屋さんとのおつきあいが上手にできれば大丈夫。『こんな風にして食べたいんだけど』『これはどう食べるとおいしいの』って聞くと親切に教えてもらえますよ」。
セミナー後、白井から「盛りだくさんすぎて参加下さった方もバタバタで大変だったかも。ごめんなさい」とこの場でお詫びをとの伝言が。メモを取りながら笑って食べて、話題満載のひとときになりました。(文:土田)

西宮阪急「食のミニセミナー」一覧へ戻る