レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

セミナーレポート 2017.10.27 桂南光さんをお迎えしてお歳暮カタログ試食会

2017/10/30 New

年2回恒例になっている青いギフトカタログの試食会は、白井の仲良し桂南光さんとともにご紹介するスタイルになって3年目。いつの間にかゲストの南光さんと白井の立場が逆転しつつ、今回もスタート。

「全国に生産者の現場をたずねて、納得した上で白井さんがおすすめする商品ばかりなんですよね。」と南光さん。大きなモニターに取材風景を映しながら、その時の感動を嬉しそうに語る白井をアシストしつつ「しっかりしなはれ」と突っ込む掛け合いがなんとも和やかです。

京都「京料理 貴与次郎」の『合鴨と京野菜の白みそ豆乳鍋』は柊屋で長年腕を磨いたご主人が素材を厳選して丁寧に仕上げた豆乳鍋。福井「開花亭」の『三色海鮮つみれ鍋』は魚介も野菜も福井産にこだわった贅沢な鍋。「どちらもお電話でご都合を伺ってからのお届けなので安心してくださいね」と白井。

兵庫「マルヤ水産」『香住ガニのスープ」は「濃厚なのでそのままでもパスタにしても」。富山「越田商店」の『氷見ぶり味噌漬・塩麹漬詰合せ』は「漁師さんが自ら手掛ける素朴な味わい」「氷見のブリはほんまに旨い!」と二人うなずきながら。

長野「森の畑シャン・ドゥ・ボア」からは『いちじくのワイン煮』。「チーズや生ハム、チョコとこれがあれば幸せな気分に」。埼玉「富久家」『栗きんとん入り羊羹」は「有機肥料を使った十勝産の特別栽培小豆など原料にこだわったやさしい味わい。試食を用意できなくて残念!」。

宮崎「京料理・宮川」『宮崎牛のやわらか煮』「たん熊で修行され地元の宮崎の食材を生かした京料理が自慢のお店。私がこれをもらったら豆腐を足して旨みをまるごと味わいたいと思いました」。

「長らくお待たせしました!ここからは試食を味わっていただきながらのご紹介です」と南光さん。
ほかほかのふかひれ饅頭とふかひれ焼売は、気仙沼にふかひれの自社工場を持つ中華食材の老舗卸売、東京・日本橋「古樹件」の『ふかひれ飲茶セット』から。

鹿児島「農事組合法人 三笠えのき茸生産組合」『濃いきのこの炊き込みご飯セット」は「鹿児島県産の杉のおがくずと米糠の培地で50日かけて栽培されるえのきと原木しいたけの旨みがしっかり味わえるご飯です」。
奈良「アルペンローゼ」の『石窯・天然酵母パンセット』は長時間熟成と天然酵母100%のこだわりパンを冷凍でお届け。試食には自然解凍した3種のパンを。

軽井沢「レストランガンボー」の『きのこ入り特製ハヤシソース』は「デミグラスソースのおいしさをぜひ味わってほしい」と白井。
「柔らかで深い味わい」と客席からの声をいただいた神戸「ハング」『手造りスモークベーコンとロースハム』は職人集団が手掛ける本物の味。

「こっそり後ろに来てくださってる香山さん、この方の作られる糯米は普通じゃないいんです」と白井。天橋立のそば与謝野町の農家の5代目香山喜典さんが手掛けられるのは京都「祐喜」の『新羽二重もちセット』と『しあわせのかきもちセット』。試食にはかきもちを。「何より作り手のご本人が来てくださるのが有難いね、操さん。」モニターには緑輝く田んぼで笑顔がすてきな奥様との作業風景。「なんや幸せそうなんがええねぇ」と南光さん。

長崎「琴海堂」からは『自然薯入りカステラセット』。今回は自然薯が入ってしっとりモチモチ。新しい食感のカステラを特別に作っていただきました。

「楽しいとおいしいがひとつになったら、これほど体にいいことはないね」と白井。南光さんのお蔭で回を重ねるごとに試食会も充実。次回もお見逃しなく。(文:土田)

西宮阪急「食のミニセミナー」一覧へ戻る