レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操の「へぇ~!」な雑学

仙人掌とシャボテン

「ムッシュ・フルーリの小さなお話のタネ」
ムッシュ・フルーリは植物にとても詳しい白井の知恵袋ともいえる方。知っているだけで道端の草花や公園の並木など見慣れた季節の風景がキラリと輝く、楽しいお話のタネをどうぞ。
              ******

前回は、サボテンと多肉植物の区別について簡単に勉強してもらったけど、今回と次回でそれぞれについて、さらに深く掘り下げて勉強してもらうぞ!

まずはサボテンからいくとするか。サボテンが日本に入ってきたのは、16世紀の後半で、南蛮人によって持ち込まれたらしいんだ。彼らが持ち込んだのは「ウチワサボテン」という大きくて平たい丸い形をしたサボテンで、その茎の切り口で衣服の汚れを取ったり、樹液を石鹸(シャボン【ポルトガル語】)のように使っていたため、石鹸のようなものという意味で「石鹸体(シャボンテイ)」と呼ばれるようになったらしいぞ。それが次第に訛っていって現在のサボテンになったんだな。でも、今でもシャボテンという呼び名を使っているところもあるからなぁ。
 ウチワサボテン
仙人掌と書いてサボテンと読むのは知っていたかい? たぶんみんなは知らないんだろうなぁ。サボテン愛好家の中ではよく知られてことなんだけど、これは中国でウチワサボテンのことを仙人掌と書くことから、それを拝借したようなんだ。仙人掌(サボテン)は、呼び名と漢字の起源が全く別物なんだってこと覚えておくようにな。

さて、サボテンは、サボテン科に属する植物の総称で、南北アメリカ大陸に千数百種の野生種があるってことは、前回勉強したとおりだけど、そのすべての種に共通していることがあるんだぞ。
 (絨毛に包まれて刺が規則正しく生えている刺座)
それは、刺座(しざ)と呼ばれる器官を持っていることなんだ。ちょっと難しくなるけど、刺座とは、刺を生じる特別な器官で、枝が極端に短くなって,しかも体内に埋もれてしまった短枝(たんし)の変形した器官で、刺はその短枝の葉が変形したものなんだ。ところで、短枝とは、葉と葉の間すなわち節間の成長が起こらないために、短い茎に葉が束のように生えている枝のことで、サボテンの刺は全て刺座より出てるんだぞ。 しかも刺座には刺のほかに毛も生えていて、ふわふわした長い毛や絨毯のような短くて密に生えてる毛もあるんだ。 サボテン以外の多肉植物にはこの刺座がないことから区別できるんだぞ。

サボテンがあの独特の形をしているのは、もちろん乾燥に耐えて生き抜くためで、あの樽のような太い茎の中に、たっぷりと水分を蓄えているからこそ、砂漠のような極端に雨の少ない気象条件でも生きていくことができるんだね。どうだい、すごいだろう? サボテンに限らず、全ての植物は、地球上のあらゆる環境に適応して進化し、その形や大きさを自在に変化させ、生き延びる術を見いだしてきたんだぞ。
 球形サボテンの代表格「金鯱」
  西部劇で有名な柱サボテン
 柱サボテンの花

サボテンと一括りに言っても、全ての種が乾燥地帯に生えているわけじゃなくて、月下美人やクジャクサボテン、それにドラゴンフルーツとして有名な紐サボテン類など、中南米の熱帯雨林などに自生する森林性サボテン類、
 森林性サボテンの月下微震
 紐サボテン類のドラゴンフルーツ
 ドラゴンフルーツの花
クリスマスカクタスやデンマークカクタスと呼ばれている、ブラジルの高山地帯に自生するシャコバサボテン類、さらには、枝も葉もあって普通の木と同じような形態のコノハサボテン類ながあるんだ。
 森林性サボテンのシャコバサボテン
 コノハサボテンの花
 刺のあるコノハサボテン
みんなが考えつく、砂漠に生えている球形や柱形をしているサボテンだけがサボテンじゃないことをしっかりと頭にたたき込んでおくんだぞ。

へぇ~の雑学一覧へ戻る