レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操発スタジオ*トピックス

旬の栗のおいしさを食卓で

2016/10/27 

兵庫県は食の宝庫です。そこに住める幸せをしみじみ感謝します。
百貨店のお中元お歳暮のカタログで全国のおいしいものを紹介するコーナーを担当して9年。あちこち取材に行きますが、地元兵庫にも全国ブランドになっているものがたくさんあります。まだまだ知られていないものも数知れず。干物の加工技術がすぐれているため、よそで獲れた魚も兵庫県で加工されること、逆にからすみは技術やブランド力は長崎が優れているものの原料となるボラの卵巣は兵庫県産ということなどをご存じの方は少ないはず。兵庫県はおいしいものを縁の下での支える力持ちでもあるんです。

この秋、丹波栗のことを教えてもらってびっくりしました。歴史は古く平安時代初期に制定された「延喜式」の朝廷に栗を献上する国として、なんと「丹波」の名前があがっているんですって。9月~11月に出回る生の栗は、ほとんどがお菓子やおこわに。家庭の食卓では「料理がめんどう・・・」と言われてしまいます。ビタミンCや今評判のビタミンB群のひとつ葉酸もたっぷりあるのに残念ですね。
%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b916-10-25%e4%b8%b9%e6%b3%a2%e6%a0%97
このたび兵庫県農林水産技術総合センターが甘さを高める保存技術を開発され、低温処理施設のおかげで、大粒でクリーミーな丹波栗の甘味が3倍になりました。
で、私のおすすめの栗のみそあえを紹介します。栗はただ丸ままゆがくだけ。20分強ゆっくりゆがき、半分に切りスプーンでかき出した栗に、ほんの少しのだしと好みのみそ、砂糖を加えるだけ。火にはかけません。栗みそはご飯に載せてもほうれん草や春菊と和えてもやさしい味わい。つぶつぶが残っていても気にしないで・・・。口の中で栗を感じてなお美味しいです。スプーンでかき出した栗を蜜に漬けたり、コンデンスミルクを混ぜて市販のシュークリームにはさんだり。ぜひやってみてください。これから栗をみたら買いたくなりますよ。
%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b916-10-25%e6%a0%97%e5%91%b3%e5%99%8c%e5%92%8c%e3%81%88

操発スタジオ*トピックス一覧へ戻る