レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

セミナーレポート 2016.10.21 阪急デイリーマート

2016/10/27 

西宮阪急1階、野菜・魚・肉・グロッサリーなど直営の食品売り場が阪急デイリーマート。「担当者が自らの売り場をPRする初めての企画です」と食品販売部長の武居さん。3年前お客様が求めているものに近づきたいとFA制度を利用して商品部から売り場に復帰された宝塚阪急で、お客様の要望に応え白井のミニセミナーを立ち上げられた方。「武居さんとは長いお付き合い。穏やかなお人柄はずっと変わりませんね」と白井。
img_2868
青果担当の窪さんは旬を迎えるリンゴ4種類の食べ比べを試食に。「今一番おいしい時期です。10月に出るシナノスイートは甘みが強いりんごで、黄色いシナノゴールドは酸味が
適度にあり、香りも強いためりんごらしいりんごです。甘みと酸味のバランスがよく、果肉がやわらかめのジョナゴールド、王林とふじりんごの掛け合わせたトキりんごは王林の甘みとふじの食感で人気の新品種です。」。台風と日照不足で野菜の高騰が続く中、今日は赤字覚悟の朝市で野菜を販売。「心意気を汲んで他のものも買ってあげてね」と白井。
学生時代はラガーマンでガーデンズの前身西宮球場でも試合をされたという鮮魚の濱内さん。「鮮魚のウリは朝セリにかかった魚が昼過ぎに届く鮮度抜群の直送便。月・金は鳥取の境港から、火・木は徳島から大きなトラックで届きます。中央市場から届く水曜はエビの盛り売り、土日は淡路の由良港から関西人の大好きな活〆の魚と日替わりで。」毎土曜15時からの近大マグロの解体も人気だそう。鮮魚売り場にファンが多いのも納得です。試食には鮭のディップ。鮭の切り身に昆布を敷き、酒・塩を振ってハーブを添えラップをかけてレンジへ。骨を取って身をほぐし、阪急デイリーマートおすすめのクリームチーズとマヨネーズで仕上げ、ドンクのパンとともに。
西宮阪急オープンからずっと精肉を担当されている白木さんのおすすめは2つのブランド豚。関西では西宮阪急のみで販売されている甘トロ豚。「養豚がさかんな愛媛県の生産者は飼料作りが上手。良質の麦を配合して育てられています。36℃で溶ける脂の甘味をご賞味ください。」「サッとゆがいてペーパーで水気を取っておかずサラダに。いろんな使い方ができますね」と白井。甘トロ豚をゆでポン酢かけて試食に。「あっさり味がお好みの方にはオリーブ油の搾りカスを飼料に使ったオリーブ豚を。お好みで銘柄を使い分けてください」。厳選された銘柄肉の品揃えが自慢です。
img_2866
グロッサリーは北さん「試食に使ったポン酢は、商品部にいる時に自分で企画したもの。ドレッシング感覚で食べてもらえる本当においしいポン酢にしたいと特にダシにこだわりました」おすすめのバターとディップに使ったマヨネーズもパンに塗って試食に。「ゆずとオリーブ油漬けのサバ缶はオイルサーディンのようにバケットと合わせてオードブルにぴったり。地元の食材を使ったもの、ここだけで買えるものなど、さらに充実した売り場を目指します」。
銘菓・銘品の伊豫岡さんのおすすめは元町一番館のリンゴのチョコレート。「季節限定のいちじくもぜひ。意外と緑茶にも合いますよ。これから寒くなるとチョコレートがおいしい季節。」一番の売れ筋はナダシンの餅。その他新潟のえびせんべい瑞花など全国のおいしいものが集まる売り場は見ているだけでワクワク。「人気のものが品薄だと申し訳なくて。商品を選ぶ時はいつもご利用いただくお客様の顔を思い浮かべながら」地元のものを中心に西宮阪急にしかない商品も多いそう。「おすすめの商品を買っていただけると嬉しいんです。毎日楽しく仕事をしています。」
「売り場が好き」そんな思いとともに、西宮阪急の人の魅力も伝わってきた盛りだくさんのセミナーでした。(文:土田)

西宮阪急「食のミニセミナー」一覧へ戻る