レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操の「へぇ~!」な雑学

ままごと遊びに使う白粉(おしろい)の正体は?

「ムッシュ・フルーリの小さなお話のタネ」
ムッシュ・フルーリは植物にとても詳しい白井の知恵袋ともいえる方。知っているだけで道端の草花や公園の並木など見慣れた季節の風景がキラリと輝く、楽しいお話のタネをどうぞ。
              ******

みんながまだご幼少の頃、ままごと遊びをしたことがあるよね。そこで、お母さん役の女の子がお化粧をするときに、白粉(おしろい)として使っていたのが、オシロイバナ(白粉花)。えっ、そんなの使ったことがないって!? あれっ、ちょっと年代を間違えたかな? でも、江戸時代には、本当に白粉の代用として使っていたんだぞ。だから、オシロイバナっていう名前になったんだ。
ままごと遊びに使う白粉花①オシロイバナ オシロイバナ
さて、このオシロイバナ、庭や公園に植栽されていることもあるけど、そこから逃げ出して、街中の空き地などあちこちらで野生化しているよね。近年は温暖化で冬の最低気温が高くなってきたので、冬を越す株が増えてきて多年草となってきているんだ。我が輩も子供の頃には、花を摘んでその根元にある密をよく吸ったもんだよ。
ままごと遊びに使う白粉花②多様なオシロイバナの花色 多様なオシロイバナの花色
オシロイバナの花は、突然変異が起きやすくて、一株にいろいろな色の花が咲くんだ。ところで、このラッパ状の花だけど、実はこれは花弁ではなくて萼なんだぞ。どうだい、知らなかっただろう? そして萼に見えるのは総苞という部分なんだ。花が終わればこの萼の根元部分が大きくなり、中の種子を包んで真っ黒な果実になるんだけど、みんなはこれを種子と勘違いしているんだな。あの黒い種に見えるものは、実は果実だったんだぞ。これも知らなかっただろう?
ままごと遊びに使う白粉花③オシロイバナの種(黒い部分で実は果実) オシロイバナの種(黒い部分で実は果実)
さあ、一見種に見えるオシロイバナの果実、これを二つに割ってみると、中心部に白い粉末状のものがあるんだ。これは、種子の一部で胚乳という部分なんだ。ここには発芽に必要な栄養分を蓄えていて、他には、柿や枇杷の種の乳白色の部分もこの胚乳という部分なのさ。オシロイバナの種子の胚乳は粉末状なので、子供たちはそれを白粉に見立ててままごとで使っていたんだね。ところが、ここでちょっと注意してほしいことがあるんだけど、根や種子にトリゴネリンと言うアルカロイドを含んでいて、誤って食べてしまうと嘔吐、腹痛、激しい下痢を起こすから、決して口にするんじゃないぞ!
ままごと遊びに使う白粉花④種子の中の胚乳(白い粉状) 種子の中の胚乳(白い粉状)

へぇ~の雑学一覧へ戻る