レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操発スタジオ*トピックス

「食から学ぶ震災の記録」を作りました

2016/6/1 

食は人をつなぎ、食卓は心を近づける・・・。ずーっとそう思ってきました。さきの阪神淡路大震災から22年。気がつけば、あの時今の私と同じくらいの年齢だった方の多くは亡くなっています。あっという間に月日は流れ、あの怖かった経験も消えようとしています。
食べるものを作ることを仕事にしてきたことはこの本を手掛けたことと無縁ではありません。相手を思い、食材を料理し、食卓で分かち合って食べるからこそ、人の痛みが伝わり、頑張ってこられた様子を知ることができました。どうやら人は、心からほっとし、緊張が解けると心に溜めてきた思いをつぶやき、又その相手の気持ちを受け止める力が湧いてくるのかも知れません。
私はいつの日からか、いろんな方々と食事を共にする中で、その方の震災の記憶を忘れない内に書きとめておきたいと思うようになりました。次の世代がもし同じ様な災
害に見舞われたとき、この時の記憶がひとつでも心に残っていたらそれは何かの助けになるはず。助ける人になるか、助けられる人になるかは分かりません。どちらになってもあの震災から学んだ経験がひとつでも生かされることを願っています。食べ物を切り口に解いていくと、いろんな事が見えてきました。
スタジオトピックス16.5.31震災本表紙②
一般の書店に並べて多くの人に読んでいただくことも考えましたが、すべてを非売品にし、兵庫県、神戸市を通して学校や図書館、公共施設に寄贈しようと決めました。嬉しいことに神戸市立中央図書館で本をPDF化し管理していただけることになり、今準備中です。より多くの方に読んでもらえるよう、中央図書館のホームページからダウンロードが可能になる予定です。
阪神淡路大震災以降、日本各地で次々と地震災害が頻発しています。どうぞこの本が次の世代の何かの役の立つようにと祈ってやみません。
たくさんの感謝をこめて
白井操

●●NEWS●●
6月9日、神戸市中央図書館HPからPDFデータで本をご覧いただけるようになりました。http://www.city.kobe.lg.jp/information/institution/institution/library/top/info_20160528.html   (神戸市立中央図書館1号館2階「神戸ふるさと文庫 震災関連資料コーナーで閲覧できます)

「食から学ぶ震災の記録」目次PDF ←クリックしてください。別ウィンドウで開きます。

 

☆神戸市内の配布先:市立学校園、区図書館、区役所、地域福祉センター等

☆神戸市立中央図書館 TEL:078-371-3351
開館時間:9時15分~20時(火曜~土曜)、(日曜は18時まで)
休館日:月曜日 (5/30~6/9まで蔵書整理のため休館)
http://www.city.kobe.lg.jp/information/institution/institution/library/top/

 

☆兵庫県内配布先:市町防災部局、市町立小中学校、県立・市町立図書館等

☆兵庫県立図書館 TEL:078-918-3366
開館時間:9時30分~18時
休館日:毎週月曜日 毎月第3木曜日
(注)2016.8.31まで建替えのため休館。2016.9.1~仮設図書館で開館。http://www.library.pref.hyogo.jp/news/28taishinkouji/28taishin_kyukan.html

 

操発スタジオ*トピックス一覧へ戻る