レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

セミナーレポート 2016.4.22 神戸山手大学・神戸山手短期大学             キャリアデザイン特講 非常勤講師 片山敬一さん

2016/4/28 

以前この白井のセミナーに参加されたご縁でゲストにお越しくださったのは神戸山手大学で非常勤講師をされている片山敬一先生。「就職活動にのぞむ学生達が、将来何がしたいのか、何ができるのか、自分はどんなスキルを持っているのかなどを考えてもらうことでキャリアプランニングのアドバイスをしています。そこで今日はこのセミナーのいろんな可能性を引きだす時間にできたらと思っています。」と穏やかな語り口で。
16.4.22神戸山手大学②
希望者が多く当選者しか参加できないセミナーにも関わらず、無断キャンセルのため毎回空席もちらほら・・・。「主婦をやっていると急な欠席って仕方ないのはよく分かる。空席だともったいないから会場の外で立って聞いて下さっている方に座っていただくといいかなって思うんだけど、それはずるい・・・て思われる方もいて。難しいね。」空席に心を痛めていた白井。「今日は参加型のセミナーにしましよう。どんどんご意見を」と片山先生が促すと「開始から何分か経っても空席の場合には、立ち見の方に座って頂くようにすれば・・・」「キャンセルの繰上げ当選の連絡を頂いた時は嬉しかった。当選の連絡の時にキャンセル時の連絡先を明記して多くの方に機会を」など積極的に意見が寄せられ「すご~い!解決したね」と笑顔の白井。
「友人が教えてくれたこのセミナーにすっかりハマって毎回申し込んでます。まだまだ自分の知らないことがたくさんあるということに気づかせてくれる貴重な機会。ここでの友人もでき人の輪が広がりました。」と参加者。「そう言えば私の大学でもシニア世代の学生がいます。一生かけて学びたいという方です。こういういい学びの場を提供されている阪急さんはすごいと思います。また私は学生達に出会いの場を大切にしなさいと教えています。このセミナーを通じて皆さんが知人になることをお勧めします。」
また「セミナーのアンケートに寄せられる質問や要望は貴重なもの。質問にお答えする回に必ず当選するとは限らないので、一方通行なのが残念です。質問や要望のいくつかを回答して掲示するようなコーナーが店内にあるとお客様との絆がより深まると思いますよ」とのアドバイスも片山先生に頂きました。
この日の試食は淡路島・井上商店のわかめ麺とトマトジュース。独自の技術でペースト状にしたわかめを練りこんだもちもちツルツルの麺。木で完熟させた数種のトマトを絶妙にブレンドした旨みたっぷりのトマトジュースは,いずれも青いギフトカタログから火がついて今やすっかり人気商品に。
16.4.22神戸山手大学①
白井からは心配な熊本の地震に触れて「震災で食べ物が十分ではないときに、洗った野菜やほうれん草のおひたしが嬉しかった。ささっと洗ってぎゅっと絞った切干大根をツナ缶の調味液ごと混ぜて醤油で味を整えて一品を。こんな箸休めが欲しいんです。もし被災している人に宅急便が送れるようになったら、密閉できる容器にだし昆布、干し椎茸を水に浸けてかつお節を添えて送って。届くまでの間にじっくりダシが出た昆布と椎茸を取り出し、火にかけかつお節でダシを取り、薄口醤油と塩を加えるとミネラルたっぷりのスープに。チルドが可能なら昆布締めも喜ばれると思います。」と震災時のアイディアを。
「初めての参加型セミナー、いつも違う刺激がありました。」「久々に学級会のようで楽しかった。自由なこの雰囲気がいい」アンケートには嬉しい言葉があふれていました。                   (文:土田)

西宮阪急「食のミニセミナー」一覧へ戻る