レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

残したいコト 聞きたいコト

「肉じゃがいろいろ」

2016/3/9 

森本達平さん毎日の暮らしの中でちょっと気になったあれこれについて、若い人はどんな風に感じているの?大人の思いと若者の気持ちは違うの?そんな白井の小さな疑問に答えてくださる若者代表は森本達平さん。桂南光さんの次男さんで「イマドキの若者も捨てたもんじゃない」と白井をうならせる感性の持ち主です。

達平「材料、買ってきましたよ。」
操「ふふっ。楽しみ楽しみ、今日は肉じゃが談義。今日はそれぞれに我が家の肉じゃがを作りましょう。肉じゃがはその家の個性がいっぱいでるよね。ちなみにウチはお肉の量が多い『お肉食べるぞ』の肉じゃが。」
16.2月 残したいコト聞きたいコト④
達平「うちは主菜と副菜の間・・・、メインではないかな。」
操「そんな時のおかずは何?」
達平「う~ん、多いのは魚を焼いたのが多いですかね。ギンダラのみそ漬けとか。」
操「あ~、わかる。献立ってなぜか大体きまってくるんよね。それがおうちの味よね。私はジャガイモを入れたすき焼きに近い肉じゃが。実家の母のはこんなにすき焼きに近くはなかったけど。」
達平「ウチはこれでお腹いっぱいにしなさい・・・という肉じゃがかな。いつもたくさん作ってあって。」
16.2月 残したいコト聞きたいコト⑤
操「ほう、だしで炊くのね。」
達平「具は牛肉と玉ねぎとジャガイモだけ。操さんのは糸こんにゃくとか、ネギとか入るんですね。」
操「家に遊びに来られるお客さんに和食で肉料理で前もって作り置けるもの・・・というと、こんなすき焼きっぽい肉じゃがに。みんな大好きだしね。お肉は炒めてからをつけて一旦取り出すの。」
16.2月 残したいコト聞きたいコト⑥
達平「へぇ~。」
操「そういえば緑のおネギがおいしい時期に作りたくなるかな・・・。私はおかずを決めるときは野菜から。きれいな菊菜が目についたら酢の物、すき焼きとかね。達平君は家でもよく料理作ったりする?」
達平「いや~、一人の時は作ったりしますけど。肉じゃがを作るのはこれが初めて。」
操「へ~っ。お母さんに作り方聞いて?」
達平「一応大体こんな風に・・・ぐらいは。母も目分量で作ってるから、作り方があるのか無いのか。」
操「ちょっとお味を・・・。あ~やさしい味。おいしい!!いつも食べてるのもこんな感じ?」
達平「ハイ、いい感じにできました。」
操「最初はね、お互いの得意料理を作ろうかっていってたよね。」
達平「そうですね。でもその後、肉じゃがを指定されて「なぜ肉じゃが?」って思ってましたけど、作ってみてわかった気がします。もっともポピュラーなおかずのはずなのに、作ってみると違いがあっておもしろい。操さんのも旨そう。ほんま色々なんですね。」
操「さぁ、食べよう!! 初めまして・・・でいきなりご飯が始まることもあるでしょう。そんな時、肉じゃがの話になると「ウチのは豚です」とか「うどんを入れます」とかね、すごく盛り上がるのよ。友達の輪がふぁ~っと広がる、肉じゃがってすごい!!」
16.2月 残したいコト聞きたいコト①

残したいコト 聞きたいコト一覧へ戻る