レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

2015.10.23 2015お歳暮青いギフトカタログから白井のおすすめをご紹介

2015/10/28 

お歳暮の青いギフトカタログが今年も完成しました。「暑い夏の盛りに冬服を着て作り手の方々を訪ねてきました。台風が来て、急きょ予定変更し、撮影後近くで撮影用の服を買って次の場所に直行。東京行きの新幹線に飛び乗ったことも。どの方も丁寧なお仕事ぶり」。今回のセミナーは白井のおすすめギフトのご紹介です。
『祇園みずおか』の「但馬牛の香り味噌漬」。「お肉ももちろん絶品ですが、味噌がまた素晴らしい出来栄え。火を入れておかず味噌としてぜひ楽しんで」。京都『じき 宮ざわ』はいつも女性客でいっぱいの人気店。「すっとしたお顔も素敵ですが何より腕のいい料理人。今回はからすみを使って贅沢な「からすみ入り粒味噌ちりめん」を」。「有名老舗旅館で長く料理長として京都のおもてなしを支えてこられた堀井さんが手がける『京料理 貴与次郎』「合鴨と京野菜鍋」は野菜の仕上げが本当に丁寧で感激しました。鴨も柔かで上品な味わいです。」
試食は『京・美山ゆば ゆう豆』の「美山セット」から「汲み上げゆば」と「ゆばがさね」、『神戸 丸八蒲鉾』の「あったかおでん」の3品。「京都美山産の大豆だけを使って作られたゆばは濃厚な味わいが魅力。おでんは研究熱心なご主人が製法や素材にこだわった具材ばかり。練り物には新鮮なタコや鱧がたっぷり使われています」どちらも有名料亭や高級割烹から指名されるお店だけあって、そのおいしさに会場も納得。
15.10.23お歳暮②
『小豆島 おおみねのうどん屋さん』「肉うどんセット」。オリーブの搾りカスを食べさせた肉質の良いオリーブ牛と国産小麦さぬきの夢を100%使用した自然な味。食べ応えのある一人前なので、冷凍庫を開けて待ってもらえるよう一声を」。『壱岐 平山旅館』の「島茶漬けと島どんぶりセット」。玄界灘の鯛はびっくりするほど大きくてお腹に余分な脂がない天然もの。この味は鮮度を大切にされる工夫の賜物」。すっぽん一筋330年の老舗『京都 大市』の「養素詰め合わせ」はすっぽんのスープ。1000度を超える火にかけられる土鍋は作家ものの専用品、灼熱の鍋を運ぶお店の女性姿、こちらの何一つが欠けても伝承できない味の重みを感じました」。「神戸 広東料理処千代」の飲茶セット。「料理を担当されるのは奥様の千代さん。広東出身のご主人がこだわりの食材は現地まで買い出しに。素材を吟味し手間ひまがかかった本物の味わいです」。
心が通じた作り手の思いや様子を少しでも伝えたいと、時間を気にしながら急ぎ足で。「誠実さが伝わる素朴なおいしさ」『静岡 肉工房 松本秋義』の「まっしろ煮豚とまっくろ煮豚」は脂身と赤身のバランスを考えてあえてデンマーク産の豚肉を使われるそう。『金沢 森山ナポリ』「ピザセット」は元ドンクのパン職人だった萬田さんがつくるこだわりの生地が自慢。「モチモチの食感がおいしいんです」。
「栗の皮が特別に硬くて虫がつかない希少品種。『茨城 押手農園』の「倉方甘栗の笑い栗」は栗本来のおいしさを味わって。『山梨 斎庵』の手入れの行き届いたお庭のような桃畑で大切に育てられた桃を丁寧に手剝きで仕上げた「藤みのり・白桃・黄桃の氷砂糖漬け」。すばらしい菓子職人さんが集まった『長野 信州里の果工房』の「市田柿のミルフィーユと軒のひなた柿」は市田柿に栗のクリームを段々に重ね自然の甘さを生かした絶妙なおいしさ。『愛媛 ラ・ブリーズ』の亀田さんは愛媛が誇る高級オレンジ「紅まどんなのパン・ド・ジェンヌ」を。最高の食材を使い贅沢な作り方で仕上げる極上のバターケーキです」。真面目な人のご苦労や笑顔を届けたい、時間いっぱいまでギフトに込められた思いを橋渡ししたひとときでした。             (文:土田)
15.10.23お歳暮①

西宮阪急「食のミニセミナー」一覧へ戻る