レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

2015.6.30 2015お中元青いギフトカタログから白井のおすすめ試食会

2015/7/3 

今回は食のミニセミナーの拡大版。お中元・お歳暮は自分が食べておいしいと思えるものを贈りたい、そんなお客さまの要望におこたえして、お中元青いギフトカタログ「白井のおすすめコーナー」でご紹介するギフトの試食会、第二弾です。スペシャルゲストとして桂南光さんをお招きし、3階のレストランスペースでの豪華なセミナーになりました。
キリンビールの協力で特別な一番搾りをビールサーバーでご用意いただき、まずは冷たい生ビールで乾杯!最初の試食は、兵庫「生活工房 香味煙」たこスモークと、高知「海のレストラン鰹群家(なぶらや)」鰹のオリーブパテをバゲットに添えて。自ら『猪熊燻太郎』と名乗りスモークに人生を捧げた井上さんが、すべて手作業で仕上げるたこスモーク。かつおとは思えないしっとりとした食感と洋風の味わいが嬉しいパテを。
15.6.30西宮阪急お中元①グラフィックス1
カタログの商品も順にご紹介。京都「割烹 祇園川上」鱧バ~グは、鱧をたっぷり使ってハンバーグに仕立てるという新しい試み。今までなかった味わいと食感が贅沢な一品。京都「岩さき」蓮焼きは京都の有名料亭で長年蓮のお菓子を作られていた職人さんが独立され、ご自分の工夫でさらにおいしいものを・・・と考えてくださった渾身の作。兵庫「玄斎」彩り冷やしおでん「これは天然真昆布と枕崎の本枯節からとったおいしいダシのゼリーに包まれたオードブルと思っていただく方がいいかも。友達や家族と料亭に行った気持ちで目で舌で味わってほしい・・・」「私これ頂きました。おいしかった。けど自分で買うのは高いなぁ」「誰かからいただいたら?」「そら、嬉しいわ」。
次の試食は、ご飯のおともにぴったりの京都「伍八堂」和牛の有馬煮と和牛そぼろ山椒煮を白ご飯とともに。姫路「匠味」の焼き豚、ともに職人の手で作りあげる本物の味わい。宮城「蜂屋食品」焼き小籠包と焼き餃子。60人分の試食、餃子120個をホットプレート3台で焼いていたところ、ここでブレーカーが飛んでしまうトラブル。焼きたてを味わってもらうため、急きょガス火で焼き上げることに。焼き小籠包が間に合わず、焼き上がるまで、愛媛・しまなみ八朔ゼリーでお口直しを。

「取材中は大雪の中、危険と隣り合わせで車を走らせたことも。不安な空気を変えようと食べ物の名前でしりとりをしたら、これが楽しくて」「ほな今小籠包が焼けるまで、ちょっとしりとりしましょか。いきますよ、ショウロンポウ」「ウ?う~ん、うさぎごはん」「え~っ、なんですの、それ?いきなり”ン”で終わるし。」。いつ焼けるかと心配で小籠包に気をとられていた白井が思いがけず口にした珍解答に会場が笑いの渦になる一コマも。
締めは長崎「みそ半」島原手延べ極細そうめん。デザートは鳥取「菓子工房シェル・ブール」ダコワーズ栃の実アイスを。楽しいトークと盛りだくさんの試食で、ちょっとしたランチ気分のセミナー。「いつもカタログを見ておいしそうだなと思っていました。試食する機会があるなんて感激。毎年開催してほしい。」「あの方にはこれを、自分のご褒美にはこれをと味わって決めました」とアンケートには嬉しい声があふれていました。                                (文:土田)

西宮阪急「食のミニセミナー」一覧へ戻る