レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

2015.5.22 2015お中元 青いギフトカタログから白井のおすすめをご紹介

2015/5/27 

今回は青いギフトカタログから白井のおすすめギフトをご紹介。作り手を訪ねた時の様子をお伝えしながら、色んな試食もしていただける恒例のセミナーです。
「今回もご自分のご褒美としても楽しんでいただけるとっておきのものがたくさん!。」『割烹 祇園川上』の「鱧ば~ぐ」は京都の夏のごちそう鱧をまるごと丁寧にすり身にした贅沢な一品。今までなかった鱧の味わい方です。京都『岩さき』の「蓮焼き」は米粉を付けてフライパンで焼いて食べる、そのひと手間の甲斐があるおいしさ。きな粉と和三盆蜜をかけてなんとも言えない歯ごたえを試食で。「冷めてもおいしいですよ。」兵庫『玄斎』の「彩り冷やしおでん」は「具材にかけられたひと手間とダシの味わいに上野さんのお人柄がしみています。」
IMG_1323
「塩からこだわって開発されたそうです」普通の約半分、極細でコシのあるそうめんを作られるのは長崎『みそ半』。炭を敷き詰めた炭蔵で作られる本物の味わい。炊きたての白ご飯とともに味わっていただいだのは、瓶詰めとは思えないコロンと大きな和牛の山椒煮と山椒入り牛そぼろ。山椒のさわやかな風味にご飯が進みます。国産本葛と自家焙煎の胡麻ペーストなど全ての材料と製法にこだわり抜いた長崎『法本胡麻豆腐店』の「長崎胡麻とうふ・落花生とうふ」。紀州備長炭で焼き上げた焼き豚、姫路『匠味』の「豚天火」も鹿児島産黒豚を使い、昔ながらの味と製法を積み重ねた安心の味。こちらは試食でそのおいしさを。
「震災の時は周りが津波で流される中、一軒だけが地形の具合で助かった「蜂屋食品」さんは、すぐ店の在庫を全部みなさんに配られたそう」そんな心意気がこもった餃子は選び抜かれたキャベツが味の決め手。夏の元気を支えてくれるあっさり食べやすい「焼小籠包と焼餃子」です。「添加物を使わずに作るのは本当に大変なんです」と兵庫『生活工房 香味煙」の「スモークおつまみセット」。スモークに魅入られた燻太郎さんの思いがそのまま自然な味わいに。高知『海のレストラン鰹群家(なぶらや)』の「鰹のオリーブセット」は「残りのオイルまでドレッシングにして旨みをしっかり味わって欲しい」鰹のオリーブオイル漬と黒こしょうとオリーブの実を加えた鰹のパテはワインにもよく合います。「ロケの時は大変な吹雪。寒い中撮影のために半袖で待っていてくれました。」お歳暮カタログで大好評だった島根『香住屋』からはふっくらおいしい『白いかの一夜干しセット』を。
デザートの試食は二品。石川『御菓子処 音羽堂』の「加賀紫雲石」。「このじゃりっとした食感が好きで。水にさっとくぐらせると透明になってより夏らしく。」和歌山『kawa』の「和歌山フルーツアイス」はブルーベリーのコンポート入りソースが濃厚なアイスにとろっと溶けだします。温州みかんと荒川の桃のシャーベットとセットで。「鳥取『菓子工房 シェル・ブール』さんの「ダコワーズ栃の実アイス」は自然な甘さに癒されます。奥様やお嫁さんなど家族の名前を入れたネーミングが楽しい「絞りジュースセット」は佐賀『田島柑橘園』さんが手塩にかけた温州みかんとクレメンティンの贅沢ジュース。」今回も全てをご紹介するためにペースアップで頑張る白井。
「ベストセレクションのコーナーは、たくさん売れた人気の商品のページ。西宮阪急のナチュラルセラーに並んでいるものもあるので、お試しを。」試食をされたお客様からも得心の感想をいただき、セミナーで欲しいものを決められた方もおられたようです。作り手の思いに耳を傾け味わう、楽しいひと時はあっという間に過ぎていきました。
IMG_1317
(文:土田)

西宮阪急「食のミニセミナー」一覧へ戻る