レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操の「へぇ~!」な雑学

第49話 お正月の縁起物

「ムッシュ・フルーリの小さなお話のタネ」
ムッシュ・フルーリは植物にとても詳しい白井の知恵袋ともいえる方。知っているだけで道端の草花や公園の並木など見慣れた季節の風景がキラリと輝く、楽しいお話のタネをどうぞ。
              ******

一両、十両、百両、千両、万両、このうちどれか一つ貰えるとすれば・・・・・そりゃあ、貰えるんだったら多い方がいいよね! でも僕は百両がいいなぁ(笑)
実は、これ、どれも赤い実の成る縁起物の植物の名前なんだよ。センリョウやマンリョウはみんなもよく知っているよね。
江戸時代にはお正月の縁起物としてもてはやされたんだけど、縁起物としてだけではなく、観賞用の植物として数多くの園芸品種も作られて、園芸植物として一つの分野を形成していたんだぞ。今でも、その頃の古い品種が残っていて、伝統園芸植物として扱われているんだ。
さて、マンリョウヤセンリョウはみんなもよく知っていると思うけど、百両、十両、一両という別名を付けられている植物は分かるかい?
じゃあ、さっそく種明かしを・・・・・

万 両:マンリョウ(ヤブコウジ科)
お正月の縁起物①マンリョウ(万両)

千 両:センリョウ(センリョウ科)
お正月の縁起物②センリョウ(千両)

百 両:カラタチバナ(ヤブコウジ科)
お正月の縁起物③カラタチバナ(百両)

十 両:ヤブコウジ(ヤブコウジ科)
お正月の縁起物④ヤブコウジ(十両)

一 両:アリドオシ(アカネ科)               または、アカモノ(ツツジ科)
お正月の縁起物⑤アリドオシ(一両)

因みに、一両のアリドオシは、「千両、万両の有り通し」という、語呂合わせなんだけど、アリドオシの本来の意味は「蟻通し」で、蟻も通してしまうほどの鋭い棘があるからなのさ!

さあ、来年に向けてこれらを皆そろえてみると、いい年になりそうって言う気持ちになってくるぞ!!

へぇ~の雑学一覧へ戻る