レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

残したいコト 聞きたいコト

第2回 「男のランチ」

2014/10/30 

森本達平さん毎日の暮らしの中でちょっと気になったあれこれについて、若い人はどんな風に感じているの?大人の思いと若者の気持ちは違うの?そんな白井の小さな疑問に答えてくださる若者代表は森本達平さん。桂南光さんの次男さんで「イマドキの若者も捨てたもんじゃない」と白井をうならせる感性の持ち主です。

第2回 「男のランチ」

ranch「ランチにいくと女性同士のグループがほとんどでしょ?おじさんたちはどこでなにしてるのかなぁ?」
「おじさんに限らず男性はランチの”場”にいないだけだと思いますよ。女性とは違った形で、出かけたり楽しんだりしてるんじゃないですか。」
「ふ~ん、どんな風に?」
「感覚的なものかもしれませんが、男性の楽しみはひとりでもできることや、ひとりで追求すること多い気がします。例えば魚釣りの場合、数名で出かけていきますが、目的の魚釣りは、それはひとりでもいいこと。できることですよね。」
「ほぅ、分かる気もする・・・。」
「けど、女性のランチというのは、『会っておしゃべりする。』や『店の食事・雰囲気をいっしょに楽しむ。』というような”何かを共有する”のが本当の目的の場合が多いんじゃないですか。僕にはそう見えますけど・・・。」
「そうそう、おいしいね~とか、わぁ素敵~とか、いいながら食事するのが楽しいもん」
「女性も男性もみんなで食事にいったり、どこかにでかけたりしますけど、同じことをしているように見えても、根本の目的は違うんじゃないでしょうか。だから目立たないだけで、ランチの時に見回したら、ひとりランチの男性がいるかもしれませんよ。」
「なるほど。君、若いのにするどいね」

残したいコト 聞きたいコト一覧へ戻る