レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操の「へぇ~!」な雑学

第34話 独活の大木

「ムッシュ・フルーリの小さなお話のタネ」
ムッシュ・フルーリは植物にとても詳しい白井の知恵袋ともいえる方。知っているだけで道端の草花や公園の並木など見慣れた季節の風景がキラリと輝く、楽しいお話のタネをどうぞ。
              ******

396zatsugaku
「独活」を読める人はいるかな? ドッカツで、独身活動の略だって??? そんなわけないだろう。これは、「うど」って読むんだぞ。だから、今日のタイトルは「うどのたいぼく」なんだ!
さて、独活の大木を見たことある人はいるかな? 大木といったって、何十メートルもある樹木じゃないってことくらいは知ってるかな? えっ、独活を知らないって???
ウドという植物の実態は、背の丈2~3メートルほどになる宿根草だ。春に芽を出してわずか4~5か月でこの大きさまで育つんだから、驚異的だろう? しかも、背丈が大きい割に茎が柔らかいので、材木としては使えないことから、役に立たない大きい物という意味で「独活の大木」って言われるようになったんだろうね。
でも、このウドって言う植物は、独特の香気を持っていて、春の芽出しの頃の新芽は、ほろ苦さと香りが相まって山菜としては極上のおいしさだぞ。最近は人工的に栽培された物がスーパーでも売れれているよね。栽培物は、新芽を日光から遮蔽してもやしのように育てるから、緑色をしていなくて、きれいなピンク色をしているぞ。
兵庫県の三田市は、このウドの産地で、霜にあって枯れたうどの根株をていねいに掘り出して、わらでつくった「うど小屋」に伏せ込んで、堆肥・わらの発酵熱であたためて、光を当てずに芽出しをおこなうというもの。2月になると出荷が始まるけど、生産量がそんなに多くないので、春のみずみずしくうす甘い香りを楽しみたい人は、JA兵庫六甲の直売所「パスカル三田」(079-563-7744)に連絡すべし! あ~ぁっ、私も早く食べた~い!!

へぇ~の雑学一覧へ戻る