レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操の「へぇ~!」な雑学

第22話 何れ菖蒲か杜若

「ムッシュ・フルーリの小さなお話のタネ」
ムッシュ・フルーリは植物にとても詳しい白井の知恵袋ともいえる方。知っているだけで道端の草花や公園の並木など見慣れた季節の風景がキラリと輝く、楽しいお話のタネをどうぞ。
              ******

323zatsugaku第22話は「何れ菖蒲か杜若」です。

いずれアヤメかカキツバタ」、この諺はどちらもすぐれていて、選択に迷うことのたとえとして使われてるよね。
『太平記・二一』にある「五月雨に沢辺の真薦水越えていづれ菖蒲と引きぞ煩ふ」と言う歌に基づいてるらしいけど、これは、源頼政が鵺を退治したご褒美として、菖蒲前(あやめのまえ)という美女を賜るときに、十二人の美女の中から選び出すように言われて詠んだ歌なんだよ。何だかうらやましいなぁ。
さてこれほどに似ていて、なかなか区別がつきにくい花に、アヤメ、カキツバタ、ハナショウブが良く引き合いに出されるけど、みんなはちゃんと区別できるかい?
まず、花が咲いている時の見分けるポイントは、垂れ下がっている3枚の花びらの付け根の色と形だぞ。アヤメは円くて黄色いベースに褐色の網目模様が入ってて、カキツバタは真っ白な細いくさび形、ハナショウブは黄色くて太いくさび形になっているんだ。写真をよ~く見てごらん、ほら、簡単だろう?
じゃあ、花が咲いていない時はどうやって見分けるのかって? これも判りやすいポイントがあるのさ。3種類とも細長い剣型の葉を持っているけど、アヤメの葉は幅が5~10mm前後で長さも30~50cm程度とこの中では一番小さく、葉脈が盛り上がらず滑らか。カキツバタの葉は幅2~3センチで、長さは50~70cmほどで、葉脈は盛り上がらず滑らか。花菖蒲の葉はカキツバタと同じくらいの幅で、長さは60~100cmだけど、葉脈が1~3本盛り上がって目立つのですぐに判るよ。
このほかに、生えているところでも見分けられるんだよ。アヤメは水とは全く関係ない山野の草原に生えており、普通に庭や畑で栽培できるぞ。カキツバタは株元が水に浸かっているような水湿地に生えるので、いつも水を溜めておかないと育たないぞ。ハナショウブには水辺が似合うんだけど、いつも株元が水に浸かっているような水湿地ではダメなんだよ。だから、水やりに気を付けて乾燥させないようにすれば庭植もできるぞ。
どうだい、これでもう間違うことはないだろう。

へぇ~の雑学一覧へ戻る