レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

レシピ

筍ごはん

春 / 3月~5月

材料(4人分)

ゆで筍
300g
3カップ
だし(かつおと昆布)
660ml
鶏もも肉
100g
薄揚げ
1枚
木の芽
適量
◆A
 酒
大さじ3
 薄口しょうゆ、塩
各小さじ1
作り方
1.
米は洗って30分以上水につけ、ザルに上げて水気をよく切ります。
2.
鶏肉は余分な脂や筋を取って小ぶりに切り、Aを合わせて鶏肉を漬けておきます。薄揚げは油抜きし、1cm幅の短冊に切り、水気を絞ります。ゆで筍は穂先はくし型に切り、残りは薄切りにします。
3.
炊飯器に米とだしを入れ、鶏肉を汁ごと、筍と薄揚げを加えてさっとひと混ぜし、普通に炊き上げます。炊き上がったら全体をさっくり混ぜて茶碗に盛り、木の芽を添えます。

ここがポイント
☆筍は香りも楽しみたいですね。あまり小さく切らないのがポイント。
☆だしと鶏肉を一緒にたくことで、コクのある味になります。

recipe107

<皮付き筍の湯がき方>

~土から出た筍は時間が経つにつれ、えぐみが出てきます。
出来るだけ早くゆがきましょう~

1.
皮をタワシで洗い土を落とします。
2.
先を斜めに切り落とし、切り口から縦に皮の部分だけに1ヶ所深く包丁を入れます。
3.
筍が浸かる鍋に水と一握りのヌカ、赤唐辛子を入れてゆでます。約1~2時間、固い所に串がスッと通るようになるまでゆで、火を止めてそのまま冷ましておきます。
4.
皮を剥いてヌカを洗い流します。

<ゆがいた筍の保存法>

ジッパー付きの保存袋やボウルに水を張った中に入れ、時々水を換え、冷蔵庫で保存しますが、風味がなくなるので出来るだけ早く使い切ります。

レシピの無断転用を禁じます。

レシピ一覧へ戻る