レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

レシピ

春の香り山菜ピラフ

春 / 3月~5月

材料(4人分)

3カップ
鶏もも肉
200g
山菜水煮
100g
玉ねぎ(小)
1コ
バター
大さじ1
塩・こしょう
適宜
サラダ油
少々
◆調味液A
 だし
2 1/2カップ
 塩
小さじ1
 酒
大さじ1
 薄口醤油
小さじ2

作り方
1.

米は30分ほど前にとぎ、水気を切ります。

2.

鶏肉は余分な脂や筋を取り、一口大に切って塩・こしょう。玉ねぎは粗めのみじん切りにします。

3.

山菜の水煮はさっと洗い、しっかり水気を切り、食べよい大きさに切ります。

参 考

野山を散歩してふきのとうが出ていたら、刻んでさっと炒めて春の風味をトッピングしましょう。木の芽がたくさん手に入ったときは刻んで混ぜ込んだり、こごみを油で炒めて混ぜ込んだり・・・春のものをプラスすれば手軽に山菜ピラフに変身します。
手に入らなければ水煮の山菜でOKですよ。

4.

ご飯が炊ける厚手の鍋に、サラダ油を薄くなじませ、鶏肉を炒め、玉ねぎも加えて炒めます。

5.

色が変われば3.を加えて炒め、1.を入れて混ぜ、バターと調味液Aを入れて混ぜ合わせ、ご飯を炊くように炊き上げて蒸らします。

参 考

炊飯器で炊く場合は…
深手のフライパンか鍋で、4.5.の山菜を炒める作業までをして、1.と合わせて炊飯器に移し、バターと調味液Aを加えて混ぜ、普通に炊きます。

6.

5.が炊き上がったら、木じゃくしで全体をかき混ぜ、ふっくらとさせます。

レシピの無断転用を禁じます。

レシピ一覧へ戻る