レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

レシピ

えんどう豆の卵とじ

春 / 3月~5月

材料(4人分)

むきさやえんどう
(さやつき)
1カップ
(400g)
ソーセージ(小)
3本
4コ
スープ
1/2カップ
バター
大さじ1
◆スープA
 牛乳
大さじ2
 塩
小さじ1/2
 こしょう
少々
 白ワイン
大さじ1

作り方
1.

えんどう豆は熱湯に塩少々(分量外)を入れ、色よくゆでて冷水にとって冷まし、ザルに上げます。湯は残しておきます。

2.

1.の湯でソーセージをゆがき、余分な脂を抜きます。冷めてから乱切りにします。

参 考

湯がいて食べるとおいしいソーセージは種類豊富に店先に並んでいます。味や食感の違うソーセージを使って味の変化を楽しんで・・。

3.

鍋にバターを溶かし、スープを加えて熱し、えんどう豆とソーセージを入れ、さらにスープAを加えてひと煮立ちさせます。

参 考

スープはだしでもOKですよ。

4.

ボウルに卵4コをよく溶きほぐし、3.に流し入れます。半熟ほどになれば火を止めます。あまりかき混ぜないこと、煮すぎないことがポイント。

レシピの無断転用を禁じます。

レシピ一覧へ戻る