レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

レシピ

豆腐とろろのレンジ蒸し

冬 / 12月~2月

材料(2人分)

絹ごし豆腐
1丁(400g)
長いも
(太めのもの5cm)
鯛(刺身用)
長さ50g(1人2~3切れ)
塩、酒
各少々
ポン酢
適量
昆布
豆腐と同じ大きさ2枚
三つ葉
適宜

作り方
1.

鯛は削ぎ切りにし、塩と酒をふっておきます。

2.

耐熱製の器を4つ用意し、だし昆布を敷きその上に豆腐をのせます。(豆腐パックの端から静かに水を流し入れ、浮き上がらせるようにすると、取り易いです。)

ここがポイント

<昆布の大きさ>

recipe90

昆布が豆腐からはみださないこと。何もかかっていない部分がこげてしまうことがあります。


3.

長芋は皮をむき豆腐の上に大さじ2程すりおろします。

ここがポイント

<長いもをすりおろす>

recipe91

直接豆腐の上にかけることで余分な洗い物も増えません。全体にまんべんなくかけましょう。


4.

ラップで覆い、1つずつ電子レンジ(600w)で約1分30秒、長芋が少し固まるまで加熱します。
一旦取り出し、鯛を上に並べ、再び電子レンジ(600w)で半生の状態になる程度に約1分加熱します。

5.

ゆがいて3cm長さに切った三つ葉を添え、ポン酢をかけて食べます。
※電子レンジの加熱時間は器の大きさにより異なるので様子を見て加減しましょう。

レシピの無断転用を禁じます。

レシピ一覧へ戻る