レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

レシピ

うどんすき鍋

冬 / 12月~2月

材料(4人分)

煮込み用うどん
2玉
するめいか
2杯
ブラックタイガー
8尾
焼き穴子
2本
鶏もも肉
1枚(300g)
大根
5cm長さ(220g)
人参
1本
白菜
大6枚
春菊
200g
白ネギ
1本
しめじ
1株
すだち
適宜
七味唐辛子
適宜
◆A
 だし(かつおと昆布)
カップ10
 みりん
大さじ4
 酒、しょうゆ
各大さじ3
 塩
小さじ1 1/4

作り方
1.

するめいかは薄皮をはがし、胴は包丁を斜めに倒し、縦横5mm幅に松かさに切り目を入れ、食べよい大きさに切ります。ゲソは、目を切り取り、食べよい大きさに切ります。

2.

えびは殻をむき、背ワタを取ります。

3.

焼き穴子は頭と尾を取り除き、ひと口大に切ります。鶏もも肉は余分な脂を取り除き、3cm角に切ります。

4.

大根は5mm厚さの半月切りに、人参は5mm厚さの輪切りにします。鍋に大根、人参を入れ、ひたひたの水を入れ強火にかけます。沸騰したら中火にし、約4~5分かために下ゆでます。

5.

白菜はざく切りにし、葉と芯にわけておきます。春菊は6cm長さに切ります。(硬い茎がある場合は葉を摘みましょう。)
白ネギは5cm長さに切ります。しめじは石づきを切り落とし、小房に分けます。すだちは4つに切ります。

6.

Aをあわせて火にかけ、一度煮立てて調味だしをつくります。

7.

6.を適量土鍋に移し、卓上用コンロで強火にかけ、沸騰したら鶏肉・白菜の芯→大根・人参・白ネギ・しめじ→えび・いか・焼穴子・春菊という風に火の通りにくい順に加えます。
アクが出たら取り除きましょう。(一度に具を入れ過ぎず、食べながら適宜具を足すようにし、煮過ぎたものが鍋に残っていかないよう気をつけます。)

8.

各自好みで塩やしょうゆを加え、すだち、七味唐辛子などをかけていただきます。

うどんすき丼

材料(2人分)

うどんすき鍋の残りだし
1カップ
玉葱
1/2個(100g)
青ネギ
2本
3~4個
ご飯
丼茶碗2杯
◆A
 しょうゆ
大さじ1 1/2
 砂糖、酒、みりん
各大さじ1
 塩
少々

作り方
1.

うどんすき鍋の残りだしを漉します。

2.

玉葱はくし型切りにします。青ネギは3cm長さに切ります。

3.

小鍋に1を入れて煮立て玉葱を加え、中火にして少しやわらかくなればAを加え煮ます。玉葱が透き通ってきたら、溶き卵を鍋全体に広がるように回し入れ、ふたをします。卵が半熟になれば火を止め、ご飯に煮汁ごとかけましょう。

レシピの無断転用を禁じます。

レシピ一覧へ戻る