レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

レシピ

水菜と豚肉のおかずサラダ

秋 / 9月~11月

材料(2人分)

水菜
1わ(約200g)
豚もも薄切り肉
200g
ワンタンの皮
5枚
松の実
大さじ1
赤唐辛子
1本
◆合わせ調味料
大さじ1
砂糖
大さじ1
しょうゆ
大さじ1
みりん
大さじ1
揚げ油
適量
少々
ごま油
小さじ2

作り方
1.

水菜は根元を落として葉と茎に分け、それぞれ長さ4㎝に切って別々のボールに入れます。豚肉は幅3㎝に切ります。ワンタンの皮は1㎝四方に切ります。赤唐辛子はへたと種を取って小口切りにし、合わせ調味料の材料とともに器に入れて混ぜ合わせます。

2.

フライパンに深さ1~2㎝の揚げ油を入れ、低温(160~165℃。乾いた菜箸の先を鍋底に当てると、細かい泡がゆっくりと揺れながら出る程度)に熱します。ワンタンの皮を入れ、ときどき混ぜながらきつね色になるまで40~50秒揚げます。からりとしたらペーパータオルにとって油をきり、塩少々をふります。

3.

フライパンの揚げ油をあけてペーパータオルでさっと拭き、ごま油小さじ2を強火で熱します。豚肉を炒め、こんがりと焼き色がついたら、合わせ調味料を加えてからめます。汁気がなくなったら、熱いうちに水菜の茎のボールに加えて混ぜ、水菜の葉を加えて混ぜます。ワンタンの皮、松の実を加えて全体を混ぜ、皿に盛ります。

レシピの無断転用を禁じます。

レシピ一覧へ戻る