レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

白井操のカラダにやさしいレシピ集より

2013/2/8 

302nishi-garden「料理をもっと教えて欲しい・・・」セミナーのアンケートの声にお応えして、今回は白井の料理講習会を。まずは、阪急阪神百貨店で無料配布されている『白井操のカラダにやさしいレシピ集』のお話から・・・。「年4回配布されているこのレシピ集。今、次回3月に出る春号の校正をしているところです。」春号からは料理のプロセスの写真もふんだんに使ったスタイルにリニューアル。「レシピ集は、校正の段階で阪急百貨店の方たちも共にちゃんと校正して下さっているんですよ。みんなが商品知識を反映した”いいもの”を作ろうという思いを持っているからこそ、このレシピ集が続いているんだなぁ・・・と改めて感じています。」と笑顔の白井。
『たたきごぼうとカラフルピーマンのピリ辛炒めサラダ』は味がしみやすいように叩いてからゆがき、きんぴらの手法の中に温野菜の良さを取り入れたサラダです。
干し椎茸、卵焼き、三つ葉とお刺身用の鯛を使い、手軽に昆布〆めから酢〆めを作り、酢をご飯にも利用して、手間をかけずにちらし寿司が味わえる『鯛の簡単ちらし寿司』。「試食はお刺身を酢〆にしましたが、本来は鯛の昆布締めを使って、寿司酢に昆布締めの昆布を漬けるとさらにおいしく仕上がります」。
スタジオのお客様によくお出しする『梅風味の黒豆おにぎり』は炒った黒豆を入れて炊いたご飯を梅酢で握ったおにぎり。「梅酢を手につけて握ると色が綺麗なピンクに変わるのが嬉しいんです」。
『焼きネギのおかず味噌和え』は「この時期旬を迎える兵庫県の特産「岩津ネギ」にぴったり。ぜひネギ本来の美味しさを味わって欲しいです」。2月13日のNHK『ニュースKOBE発』では、白井が岩津ネギを使った色んなレシピをご紹介しています。同じく2月13日に放送予定の『きょうの料理』からは『牛ひき肉のカレーフォンデュ鍋』を。れんこんでとろみをつけたやさしい味わい。こちらの試食はドンクさんのバケットで。「今日はチーズも入れてチーズカレーフォンデュに・・・」とここで、試食にチーズを入れ忘れたことが発覚。毎回セミナーの試食は、できるだけ美味しい状態で召し上がっていただこうと、白井も前の日から、または朝早くきてスタッフと準備をしています。限られた時間とスペースで試食を仕上げるのは、点数が増えると意外と大変で・・・(汗)。みなさんごめんなさい。バタバタをお見せして・・・。
講習や試食の食材や機材の一部は、スタジオから搬入しています。写真は当日の朝、車から荷物を下ろしたところです。タクシーのトランクと座席に人と荷物がぎっしりの状態で会場入り。セミナーに来てくださる方には、少しでもたくさん楽しんでいただきたい・・・そんな思いで毎回準備をしています。
このセミナーに流れる思いは、実はレシピ集に流れる思いと同じ思いだった、そのことに改めて気づかせてくれた素晴らしいひとときとなりました。

西宮阪急「食のミニセミナー」一覧へ戻る