レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

操発スタジオ*トピックス

西宮阪急のセミナーの温かなひととき

2012/8/1 

西宮阪急でトークショーを始めて秋で4年になります。様々なゲストをお招きして、開業以来毎月第二第四の金曜に午前10:15~11:15、よく続いているな~と思いながらも、毎回気持は新鮮で私自身わくわくしています。
「どういう風に人を探すの?」とよく聞かれるのですが、この仕事をして30年も経つといつの間にかお出会いした人の数も増えて、出ていただきたい方が次々と思い浮かびます。いつも考えるのは、会場で聞いてくださっている方に、どういう風にその方をステキを伝えようかということ。幸い出てくださる方の多くが親しくしていただいている方か、親しい方からの紹介なので、1時間という短い時間とはいえ、毎回すぐにエンジンがかかり、あたたかいムードになります。これは受け止めてくださるお客様の笑顔のお蔭です。ここではゆったりと時間が流れるように感じます。
先日も素敵なセミナーでした。ゲストは添加物を使わないことで有名なキムチの星山さんご一家。今回は料理の先生でもある明香さんにチャプチェとチヂミの作り方を教えていただき、会長であるお母様と専務のお兄様に応援をいただきました。
チャプチェは9種類もの具をそれぞれ別々に炒めて味を調え、湯がいたさつま芋の春雨で和えるのですが、丁寧な分本当にやさしくおいしい味わいでした。
毎日のように韓国との問題をニュースで聞いている最中のセミナーでしたが、「私の資金は500円。それを元手に初めて白菜のキムチを売って、そのお金でまた仕入れて、また作ってを繰り返し、50年夢中で過ごしました。人の口に国境はないのに・・・」と言われた間もなく80歳を迎えられる会長のオモニ(お母さん)の言葉はみんなの心に残りました。生の人の声と笑顔が行き交うセミナーだからこそ、参加してくださる方にそのままの思いが伝わるんでしょうね。
265stadiotopics

操発スタジオ*トピックス一覧へ戻る