レシピ&エッセイの白井操クッキングスタジオ

料理研究家・白井操の神戸発レシピやエッセイがたっぷり!料理講習会のイベントや主な著書なども掲載中。男の料理や食育、シルバーカレッジ情報も発信中。

西宮阪急「食のミニセミナー」

西宮阪急 店長 佐藤行近さんをお招きして

2011/12/9 

232nishi-garden西宮北口駅前に西宮阪急が誕生して3年。一日平均3万数千人、年間1300万人が来場される盛況ぶり。すっかり地域に根付いた存在に・・・。立ち上げから今日に至るまで、西宮阪急のスタイルを築きあげられた佐藤行近店長が今回のゲストです。「3年経ちましたね」と白井。「お客さまの支えを頂いて、自分でも大成功だと思っているんです。」と佐藤店長。 西宮阪急の特色ともいえるコトコトステージは『物の背景にある作り手の思いを届ける場』を・・・と作られました。専門性とライフスタイルの提案をテーマに、現在は年間約3000メニューが開催されるまでに。ドンクのカフェをお借りして行われているこの食のミニセミナーもコトコトステージの人気メニューのひとつ。専門の知識を持つお客様に講師をお願いすることもあるそう。「地域とのつながりも深まります。何よりコトコトが継続していることがすばらしい。コトコトがあるから仕事も楽しいんです。」と笑顔で。家族の時間を大切にする阪神間のライフスタイルを見据え、”豊かな子育て”のサポートとして、ベビーマッサージや絵本の読み聞かせは毎日開催、他にもペットの撮影会やしつけ教室、ファッションミニ講座、アートイベント・・・などなどモニタでご紹介くださった内容は盛りだくさん。3周年記念イベントは、従業員によるオーボエやフルート演奏のおもてなしコンサートも。 白井の『カラダにやさしいレシピ集』も西宮阪急から始まった人気企画。「年4回発行しているレシピ集は、”食を通じた暮らし提案”がテーマです。毎回楽しい内容を心がけています。撮影は2日に分けて、朝から夜まで・・・。本を作っているような気持になります。レシピ集を手にお買い物してくださっているお客様に出会うと嬉しくなります」と白井。本日の試食は最新のレシピ集からクリスマスにぴったりの『鶏の香り焼き』を。
高い天井を生かし天井に高低をつけることで、世界観のある売り場をと空間デザイナーが創り上げたフロアは、どこも心地よい空間。「照明も女性の肌がきれいに見えるものを選んでいます。」と細やかな心配り。
会場のお客様からも「楽しくて毎日のように通っています。」「食品の品ぞろえが良く、お魚売場が楽しい。」「若いといえない私たちでも楽に着られる服をもっと増やして。」「子供連れでも楽しめる売場が嬉しい。」と親しみのこもった意見がぞくぞく・・・。
最後に「西宮阪急の一番の自慢を教えてください」と白井。「おかげさまで全国の百貨店や企業からたくさん視察が来られます。感想をお聞きすると、『ここは何よりお買い物されているお客様が素敵だ』と多くの方が感心してくださるんです。それこそが西宮阪急の一番の自慢だと思っています。」と締めくくられる佐藤店長。上品でスマート、柔らかなその物腰が、店内に流れる空気にも通じているような気がしました。

西宮阪急「食のミニセミナー」一覧へ戻る